TOP ≫ CATEGORY ≫ ヴィンテージもの

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

ヴィンテージフェアーをはしご

先週の日曜日は、お天気も良くなかったので屋内で催されたアンティークマーケットに

行きました。

ネットでこの日のイベント情報をチェックするとサリー州の3カ所で開催されるとの事。

初めに行ったのは、コミュニティーカレッジで開催されたヴィンテージフェアー
fc2blog_201311181822290c1.jpg

fc2blog_20131118182250901.jpg

この会場は出店数も少なく、来場者もまばら、、

ここでは古物だけではなく、クラフトや手造りのカップケーキなどのスイーツなども

売っていました。

私はテーブルクロスをリメイクして作ったラベンダー入りのサシェをいくつか購入して終了。

2カ所目はそこから車で30分くらいのHorshamという町の「Bell's Vintage & Retro Fair』へ

会場の外には看板代わりのレトロなバニティー
fc2blog_20131118182310545.jpg

fc2blog_201311181823279bb.jpg

fc2blog_20131118182345d06.jpg

会場自体は小さなホールでしたが、このイベントは人気が高いらしくたくさんの人が

来てました。

ここでも古物だけでなく、クラフト製品やヴィンテージの洋服などもありました。

それにしてもこの国の人達はみな古物が大好きですね〜

fc2blog_2013111818310451b.jpg

fc2blog_20131118182429d21.jpg

fc2blog_20131118182531fd4.jpg

fc2blog_20131118182746e90.jpg

fc2blog_20131118182819928.jpg

50’sのワンピースがよく似合うお姉さん
fc2blog_201311181828497cf.jpg

ちょっとしたステージがあって、クラシックなジャズスィングを歌うお兄さん
fc2blog_20131118182912a7c.jpg
なかなか上手でしたよ!!

私もお気に入りをいくつか見つけたし、ここで十分楽しめたのでもう一カ所は行かずに

帰ってきました。

*おまけ*
fc2blog_20131120050216f3d.jpg
主人のジャケットを占拠するくろすけ
スポンサーサイト

SHOPPERの受難




我が家のニューメンバー、英国ノッティンガムRALEIGH社製の70‘s式、お買い物用自転車、

その名もSHOPPER.

ちょっとしたおつかい用にと主人が得意のカーブーツセールで、25ポンド(約3750円)

で購入。

イギリスって日本より自転車がバカ高いから、中古とは言え、この値段で買えたのはラッキー

だったかも。

このSHOPPER君、子供用みたいに小さすぎるし、私的には特に気に入ったわけではなかったの

ですが、イギリスへ来て初めて買った自転車なので、ブログに載せようと思い、写真を撮りに

フラットの地下にある自転車置き場に行ってみると、、、



う、ううん、、、何かおかしいぞ。。。

もう一度確認してみると、、、


そう、サドルがありません!!

ちなみに隣に写っている自転車もやはりサドルがなかった。

以前もブログの記事にした事があったけど、ここの自転車置き場で自転車や部品の盗難が頻繁に

あるみたいなのでうちも被害にあったのか、もしくは主人が自転車を停めた時に、盗難防止用に

自分で外したのかもしれないしと思ってダンナにメールしたところ「やられたね!」

って一言。。。

買ってから数日しか経ってないし、ヴィンテージのだから代わりのサドルが簡単には

見つからないかもと思うとガックリ。。。

自転車の盗難なんて日本でも日常茶飯事的にある事ではあるんだけど、トラブル

ばかりのこのフラットに住んでいるのが心底嫌になっちゃいました。

とにかくこんなところに置いてたらまた何をされるかわからないので、仕事の帰りに自転車を

部屋に持って来る様に頼みました。

帰宅した主人が開口一番、「サドル、あったよ〜〜」

なんでも先ほどの自転車置き場に、うちのも含めたサドルがいくつかとヘルメットなどが

投げ捨てる様に置いてあったとか。

地下の自転車置き場のある駐車場にはティーンエイジャーや小学生くらいの子がしょっちゅう

遊んでいるらしく、

「たぶん子供がいたずら目的で盗って来たのを親が見つけて返しにきたんじゃないか?」

って主人。

今回は運良く見つかったけど、あそこへ置いてたらまたイタズラされちゃうし、部屋には

収納スペースがないしで頭が痛いです(涙)

ヴィンテージ雑貨の宝庫 How We Live Then ミュージアム 3

原因不明のフラットの断水は夜の10時過ぎくらいになってやっと復旧しました。

断水しちゃった時はみんなパニくって隣の人もその隣の人も

「全然水が出ないけど、お宅もそう?」って聞きに来た。

もし、水道の工事なら事前に知らせが入るはずだし、工事じゃなくても半日も断水したんだから、

どういう理由で断水したのか報告があってもおかしくないのにね〜〜。

案の定、今回の件で問い合わせした管理事務所のマネからは一切メールの返信は

ありません。

もうこんな扱いには慣れてきてはいますが、早くこのビ○チが異動してくれないかなと

密かに祈ってます。


では気をとりなおして、先日行ったミュージアムの続きです。

IMG_2036_convert_20120924031241.jpg

前回紹介したお店の他には、パブ、郵便局、楽器店、紳士服テーラー、宝石店などが

再現されていました。
IMG_2018_convert_20120924031557.jpg
郵便局


次に庶民の生活風景を覗いてみましょう。

こちらはエドワード時代のキッチン風景。

思わずキッチン用品に目がいっちゃったわ。
IMG_2045_convert_20120924013103.jpg

IMG_2046_convert_20120924013406.jpg
ミキシングボウル、ホーローのキャニスター、テーブルリネンなどなど、、


メイドさんがこんなにいて、中流クラス以上のお宅なのかしら?
DSC_0381_convert_20120924002618.jpg

メガネの方もハウスキーパーの方らしい
IMG_2047_convert_20120924003218.jpg

ご主人様のお茶の支度をしてるのかな。

この時は家事もまだ機械類に頼らず全て手作業でこなさないといけない時代。

メイドさん達の仕事も重労働だったんだろうな。


次は時代が変わって戦時の朝食風景。

ここのキッチンは地下にあり地下はシェルターの役目にもなっている様です。

お父さんは軍にお勤めで今日は夜勤シフトなので、今は寝てるそうですよ。

朝食を食べてるのは赤ちゃんのお母さん?
DSC_0380_convert_20120924005057.jpg

ムムム、、怪しい人発見っ〜〜!!
DSC_0377_convert_20120924005217.jpg

このくわえたばこで調理してる人、誰だろ?

メイドにしては態度がデカイし、この人がお母さんなのかしら?

もしそうだとしたらずいぶんとファンキーな母だわ!

イマイチここの家族構成がわかりませんが、窓辺のにゃんこも可愛いし、この時代のキッチン

雑貨も気になるものばかり。

DSC_0379_convert_20120924012843.jpg

キッチン用品ばかりを集めたコーナー
IMG_2043_convert_20120924014348.jpg

こちらはチョイ昔の広告つき牛乳瓶
DSC_0376_convert_20120924014528.jpg
集めたくなる様なかわいい柄がたくさんあるんですよ。

まだまだ紹介しきれない展示物がありましたが、一応これで終わりにします。

ちょうど自分達が集めている様な時代の古物ばかりが展示されていたので

とっても楽しめました。

10万点もコレクトしたなんてきっとハッタリだろうと思っていたけど、館内にびっしり

展示されているのを見るとやはりそれだけ集めたんだなぁと感心しきり。

ガラクタばかり並べている様に見えても、今はオークションサイトで高値がつくものもたくさん

あって、総額的にはかなりの金額になるんでしょうね〜

これから私達も10万点めざして、宝探し頑張ります(嘘です)

あまり歴史の勉強にはならないかもしれないけれど誰もが気軽に楽しめて、ノスタルジックに

どっぷり浸れるミュージアムでした。

ヴィンテージ雑貨の宝庫 How We Live Then ミュージアム 2

もう〜ホントにムカつくわ!!

フラットが断水しているらしく、水がまったく出ないの〜。

先日のレジデントミーティングの際に、今後何か問題があればマネージメントオフィスの

マネージャー宛にメールすれば24時間体制で対応するって言ってたから、システムに問題が

あるのかメールしたけど、まったく回答なんてこないし!!

いったいどれくらいで復旧するのかわからないけど、とにかく水が使えなきゃ家事はできない

わね〜(喜んでる場合じゃないけど)



さて、前回の続きです。

DSC_0340_convert_20120921063422.jpg

IMG_2007_convert_20120921063534.jpg

まだいろんなお店がありますよ〜。

こちらは薬局です。
IMG_2019_convert_20120921052850.jpg

ショーウィンドーにはソープや香水やら女性が喜びそうなものが並んでいます。

当時の女性達も立ち止まって眺めてはため息ついていたんだろうな。

IMG_2020_convert_20120921053025.jpg

お店に入ってみましょう♪(ちなみにお店には入れません)
DSC_0365_convert_20120921055533.jpg

IMG_2021_convert_20120921053142.jpg
他にもお客さんがいらっしゃいました。
 
赤ちゃんがはかりに乗せられてる。

当時は薬局で赤ちゃんの体重を量ってもらってたのかしら?

お次ぎはたばこ屋さん
DSC_0362_convert_20120921055838.jpg
うちのダンナさんも昔のタバコの缶をコレクトしてます。

美味しそうなお菓子も売ってますよ♪

たばこ屋のおばちゃん、いつもおつりを間違えるんだよな(笑)
DSC_0363_convert_20120921060123.jpg

これは荒物雑貨のお店かな
DSC_0366_convert_20120921062302.jpg

IMG_2032_convert_20120921064425.jpg

DSC_0359_convert_20120921061838.jpg
このお店は私にはあまり縁がなさそうだけど、主人はヴィンテージの工具類に釘付けでした。

くつの修理屋さん
DSC_0367_convert_20120921062120.jpg

作業場のランプがいい感じ。
DSC_0360_convert_20120921063308.jpg

店員さんがいなかったけど、こちらはおもちゃ屋さん
IMG_2016_convert_20120921070102.jpg
昔のおもちゃを集めてるコレクターも多いですよね。

今回はこの辺で、、

次回も引き続きミュージアムレポです。
ヴィンテージもの | Comments (-) | Trackbacks (-)

ヴィンテージ雑貨の宝庫 How We Live Then ミュージアム 1

先月、キャンプへ行った時に立ち寄ったイースト・ボーンの

How We Live Then ミュージアムには、オーナー夫婦が50年以上もの間に

コレクトされたという10万点に上るヴィンテージ雑貨が展示されています。

建物は小さいながら4階まで展示物があり、1階にはギフトショップがあります。

入場料は5ポンドでケチケチな私にとっては通常なら考えてしまう料金ですが、

それほどのコレクションが見られるなら5ポンドもおしくはありません(笑)

DSC_0351_convert_20120919202855.jpg
まず1階で私の興味を惹いたのはクリスマスのプレゼントやデコレーションなどのクリスマス

関連のグッズを展示したコーナー。

DSC_0341_convert_20120919195018.jpg

IMG_2004_convert_20120919203902.jpg

IMG_2002_convert_20120919204440.jpg

IMG_2005_convert_20120919204748.jpg

どーして、昔のデザインってこう可愛いのでしょうか。。

イラストの色使いもパッケージや紙などの質感も全てツボです♡

このケースに入ってる物、全部欲しいわっ!!

このミュージアムはビクトリアン、エドワード時代の商店街を再現しています。

DSC_0344_convert_20120919210516.jpg
ここは食料品店。

ジャムの瓶や缶詰め、ビスケットの缶などがところせましと並んでいます。
(私がコレクトしているマーマレードの瓶も発見!)

DSC_0345_convert_20120919211142.jpg

DSC_0347_convert_20120919211356.jpg
昔はビスケットもこんな風にバラ売りしていたんですね。

日本でも昔ながらのお菓子屋さんではこんな売り方してるところもあったっけ?

IMG_2015_convert_20120919212225.jpg
ここは婦人用の仕立て屋さんでしょうか

DSC_0352_convert_20120919212333.jpg

DSC_0353_convert_20120919213651.jpg

IMG_2010_convert_20120919213915.jpg

カラフルなパッケージに入った針、糸、ボタン、レースなどの手芸用品もたくさん

展示されていました。

長くなるのでまた次回に続きます〜

ヴィンテージもの | Comments (-) | Trackbacks (-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。