TOP ≫ CATEGORY ≫ カフェ
CATEGORY ≫ カフェ
       次ページ ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

Foxcroft & Ginger

おとといは主人が休みだったのでHISにJRのレールパスを買いに行く事になり、ついでに

朝ご飯をSOHOにあるThe Breakfast Clubで食べる予定でしたが平日なのに案の定大行列。。。

一応、並んでもみたものの並んで待ったりするのが大っ嫌いな主人が我慢できるはずもなく

結局諦める事に。

あそこのフルーツたっぷりのパンケーキが食べたかったな〜

The Breakfast Clubはロンドン市内に現在6店舗あるそうで、自分の家からそう遠くない

Battersea Riseにもあるから今度の金曜日に行ってみよう♪

朝食を食べそこね腹ぺこ二人組が何処に入ろうかとウロウロしてたまたま見つけたお店が
Foxcroft & Ginger
fc2blog_20140302212012be6.jpg

ロンドン在住の日本人の方のブログでもこのお店を紹介した記事を読んだ事があったので

名前だけは見覚えがありました。

いつも込んでいるらしいけど幸いに席も空いてたから今日はここで頂く事に。

あん馬?
fc2blog_20140302212026888.jpg

インテリアは至ってシンプルなインダストリアル系。
fc2blog_20140302212039395.jpg

主人はマスタード入りのメイプルシロップドレッシングがかかったハム&チーズのフレンチ
トースト
fc2blog_201403022120599be.jpg

私はやっぱりパンケーキ!!
fc2blog_2014030221211400e.jpg

でも想像していたのと違ってた。。

ベコーンはサイドとしてついてくるのかと思いきや、三枚のパンケーキにベーコン、ベリーズ、

マスカルポーネチーズがサンドされメイプルシロップがかかってました。

パンケーキ1枚が大きいので主人とシェアーしたけどお腹がパンパン。

フレンチトーストもパンケーキもどちらも甘しょっぱくてマズくはないけど特別美味しいって

わけでもなかったかな。
スポンサーサイト
カフェ | Comments (16) | Trackbacks (-)

Regateのティールームレポと嬉しい事2つ

ここのところずっと雨続きのイギリス。

日曜のカーブーツセールも雨で行けなかったし、昨日も朝から霧がすごかったので

遠出は諦めて、ネットで調べたサリー州、Regateにあるティールームへ

行ってみる事に。

途中、車からの撮影
IMG_2660_convert_20121023211426.jpg

霧が深くて先が見えません。

霧のため約1時間以上かかっちゃいましたが、

お目当てのティールム"Vintage Tea House"に到着。

IMG_2665_convert_20121023212321.jpg

店名を見て、思わず興味を惹かれました。

ここはティールームだけでなく、可愛い雑貨も販売しています。店内のディスプレーも

可愛いのですが、、、

IMG_2662_convert_20121023212854.jpg

IMG_2663_convert_20121023213031.jpg

インテリアや置いてある商品などはホントの古物ではなく、ヴィンテージ風がほとんど。

お店は母親と20代くらいの息子さんの二人で切り盛りしている様でした。

お客さんは女性ばかりで、主人はちょっと浮いてたかな(笑)

メニューには、ブレイクファーストやサンドウィッチ類の軽食もありますが、

私達は二人用のアールグレイのティーポットと、私はホイップクリームとラズベリージャム

がサンドされたビクトリアンスポンジケーキ。

主人はチョコレートケーキを注文したのですが、残りのピースが小さいからと

ジャンジャーケーキもちょこっとサービスしてくれました。
IMG_2661_convert_20121023220206.jpg

アンティークではありませんでしたが、国内陶器ブランドStaffordshireの可愛い

カップ&ソーサーやミルク入れなどが主に使われていました。

ケーキはたぶん外注なのかもしれないけど、ビクトリアンスポンジはしっとりしていたし、

写真には撮らなかったけど、主人のジンジャーケーキには黒糖が使われている様で、

懐かしい味がしました。




さて、本日嬉しい事が2つありました。

一つは日本にいる友達カップルにキュートなベイビーボーイが誕生した事
GetAttachment.jpg

ここのお宅では、私がブログを始めてからすぐにお兄ちゃんが誕生してるので、この子は

次男君です。

来年の2月に里帰りするからその時に会うのが楽しみ〜♪


もう一つは、手続きから4ヶ月以上かかって、やっと永住権が取得できました。

450ポンドをケチって、窓口申請でその日にパスポートを返却してもらえるプレミア・

サービスを選択しなかったから、こんなに時間がかかっちゃったんだけど。

通常3ヶ月で届くと言われていたのに、それ以上かかったから、紛失されたんじゃないかと

心配してたのですが、やっと安心出来ました。

今日、写真付きの生体認証カードが届いたのですが写真の写りがまさに原人っ!!(涙)

このカード自体は10年有効らしいから、それまで入国手続きの度にこの写真を見せるのかと

思うとかなり憂鬱っす。
カフェ | Comments (10) | Trackbacks (-)

Brixton villageでランチ

香港在住の主人の元同僚が、今週ロンドンへ来るそうで、一緒にランチをする事に

なりました。

せっかくなので、ロンドンらしいお店に連れていこうと、下見がてら、家から歩いて

10分ほどのブリクストンビレッジに行って来ました。

ブリクストンと言えば、去年の夏の暴動では商店を放火したり略奪などで甚大な

被害がありましたね。

かつてはタクシードライバーも夜間は乗車拒否していたブリクストン周辺も、

ここ数年マーケット内にキッチュなカフェやレストランが続々と出来たおかげで

お洒落な若者達が増え、ロンドンで一番変貌を遂げたエリアとなりました。

それでもレゲエが流れるマーケット内を買い物袋を下げた体格のいいカリビアンの

おばちゃん達がかっぽする光景はあいかわらずですが、、、

マーケットは屋外と屋内に別れていて、飲食店が集まるビレッジは屋内マーケットです。

IMG_2544_convert_20121011061005.jpg

先週の木曜日に行ったのですが、時間が早かったので開店前のところが多く、ひっそりして

いましたが、夜や土日などはどの店もいっぱいです。

このマーケットに来れば世界各国の料理が食べられますよ〜♪

IMG_2537_convert_20121011062322.jpg

イギリス代表、ポークパイのお店
IMG_2507_convert_20121011061552.jpg

IMG_2516_2_convert_20121011062052.jpg

バーガー、フレンチカフェ、メキシカン、南米料理、ピザ、カリビアン、、、

日本人経営のお好み焼き屋「おかん」
IMG_2515_convert_20121011061904.jpg
ここは週末の夜など列が出来ていました。

もう一つの屋内マーケットには日本人経営の日本式カレーのお店も。

ここはたぶん、韓国のヌードルバー。
IMG_2527_convert_20121011061757.jpg

アジア系なら他にはタイ料理のお店もありました。

デザートにはイタリアンジェラートのお店も。

飲食店以外にもアート系の店、ヴィンテージの古着屋、アンティーク雑貨、レコード屋、

荒物屋などなど、、
IMG_2525_convert_20121011062810.jpg

アフリカン又はカリビアン系のインテリア雑貨のお店
IMG_2501_convert_20121011070015.jpg

昔ながらのお店も。八百屋、カリビアン食材のお店
IMG_2500_convert_20121011070522.jpg

魚がど〜ん
IMG_2497_convert_20121011054853.jpg

怪しい肉もど〜ん
IMG_2499_convert_20121011062512.jpg

これらが全て同じ建物内にあります。

さてさて、かなり前置きが長くなりましたが、私達が入ったお店(名前忘れたけど)

IMG_2503_convert_20121011071719.jpg

店内では、食材や可愛いヴィンテージスタイルのキッチン用品の販売もしていました。
IMG_2517_convert_20121011072825.jpg

メニューの中から2品目を選べるコースをオーダー。

主人のポークパテには、自家製パンとイチジクが添えられていました。
IMG_2529_convert_20121011072650.jpg

私はローストトマトと白いんげんのスープとパン スープは特に美味しいわけでもなく
ごく普通。
IMG_2530_convert_20121011073613.jpg

ちなみに、テーブルはアンティークの木箱が積み重ねられた即席のもの。
IMG_2531_convert_20121011074116.jpg

このマーケットの他の店でもキャンプで使う様なエナメルの食器が使われています。

確かに、陶器のお皿よりここのマーケットの雰囲気に馴染むのかも。

IMG_2533_convert_20121011075130.jpg
主人のスモークチキンとウォータークレスのサラダ

IMG_2534_convert_20121011075502.jpg
私のトランペットマッシュルームとイタリアンパセリのガーリックソースパスタ

主人のサラダはマスタードドレッシングがかなり味が濃くて、途中でギブアップ。

私のパスタを半分あげました。

なんだかこのマーケットへ来てから始終イライラしていた主人。

肉屋と魚屋からにおってくる、生臭い匂いとハイターの匂いが一緒くたになり

気分が悪くなったとか、、、

確かに私もこのマーケットに来る度に匂いは気になるけど、しばらくすると鼻が匂いに慣れて

しまうんだけどね(鈍感?)

色んなお店のチョイスが出来ておもしろい場所ではありますが、主人はもう来たくない

そうなので、今度のランチにはまた別のところを探す事になりそうです。
カフェ | Comments (12) | Trackbacks (-)

Lewisでランチ

先週のお休みは天気があまり良くなかったけれど、英国南東部へ出かけました。

その日は、ファーマーズショップで穫れたての野菜やローカルの乳製品など

をゲット。

帰りがけにアンティークショップがたくさん集まるイーストサセックスのルイスに

寄ってランチを取ることに。

優柔不断の二人、降りしきる雨の中を良さげなお店を探してぐるぐるしてしまいましたが、

お店の可愛らしい外観に惹かれ(ちなみに主人が惹かれました)、ここに決定〜!!

IMG_2486_convert_20121005220547.jpg
Le Magasin

ホームメイドのパンやスイーツも購入できます。
IMG_2487_convert_20121005221335.jpg

この日は火曜日でしたが、ちょうどお昼どきとあって、店内は満席状態。

私はスモークサーモンのサンドウィッチ

IMG_2482_convert_20121005222654.jpg

主人はミートプラッターをオーダー
IMG_2484_convert_20121005222820.jpg

サンドウィッチはロケットやベイビーリーフなどがたくさん入っている上、サラダも

たっぷりついているのでとってもヘルシー。

シード入りの自家製のパンも歯ごたえがあり、とっても美味しかったです。

これで7ポンドしないからお得だしね。

ホントは主人はスモークサーモン、エビ、タコなどが盛りだくさんのシーフードプラッター

をオーダーしたのですが、あいにく品切れとの事で、ミートプラッターに変更。

ミートプラッターも盛りつけ方が食欲をそそりましたが、プロシュートにサンドライトマト

の付け合わせで、かなり塩分もカロリーも高いのをオーダーしちゃったって

後悔してましたよ。

でも私は気に入ったので次回ルイスへ来た時にも、またこのカフェに行こうかな♪
カフェ | Comments (4) | Trackbacks (-)

Ashdown Forestにある人気のティールーム

前回行ったブライトンのBlackbird Cafe以来、ティールーム巡りに

ハマった主人。

今週もネットでサーチして行って参りました♪

場所はイギリス南東部、イーストサセックス州ののAshdown Forestに

あるDuddleswell tearoomというお店。

IMG_2220_convert_20120828010831.jpg

今日はバンクホリデーの連休最終日とあって、ティールームは店内もテラス席も賑わって

いました。

IMG_2221_convert_20120828011551.jpg

チューダー様式の建物も可愛いし、前庭はよく手入れされていて綺麗〜

私達はオリジナルブレンドティーと主人がウェルシュ・レアビット(ラビットとも言う)、

私がストロベリーパブロバをオーダー。

IMG_2224_convert_20120828012604.jpg

ここのお茶はかなり濃いめなので、まずはカップにお茶を注ぎ、更にお湯で割ってから

ミルクを入れました。

ちょっと涼しかったので、暖かいミルクティーで体が暖まりました。

食器類はごく普通。

せめてオールドファッションのティールームらしく、ステンレスのティーポットや

お湯の入ったウォータージャグなどはヴィンテージのオールドホールを使うくらいの

こだわりがあるといいんだけど(生意気だけど 笑)

IMG_2231_convert_20120828013928.jpg

ウェルシュ・レアビットはウェールズ地方の代表的なスナック。

直訳するとウェールズのうさぎですけど、うさぎは使われておらず、ただのウェールズ風

チーズ・オン・トーストの事。

主人によれば、チーズにマスタードとウスターソースを混ぜてパンの上にのせてトースト

したものだそうです。

マスタードが入ってるからちょっとピリ辛。

こちらのはトーストの上にハムの細切れとポーチドエッグ(目玉焼きに見えるけど)も

のっています。

ローカル産の新鮮な卵を使っているらしく黄身がこんもりしていて、いかにも美味しそう。

ちょっともらったけど、うまうまうま〜〜^^

家でも今度作ってみよう!

IMG_2232_convert_20120828014059.jpg

見た目はショートケーキみたいだけどパブロバは小麦粉を使わないメレンゲのデザート。

いちごもたっぷり、ホイップクリームもたっぷりでボリューム満点!!

メレンゲはサクサクしててふわ〜っと口溶けもよく、見た目よりも軽いのでお腹にもたれず

にペロリといけちゃいました。

激甘スイーツばかりで、うんざりしていた私ですが、ここのパブロバは甘さ控えめで

美味しかった〜〜♡

今回のティールームも大満足でした。


**おまけ**
この季節のAshdown Forestの荒原は薄紫や赤紫色ののヒース(エリカ)で

覆われています。
IMG_2246_convert_20120828024013.jpg

IMG_2240_convert_20120828033355.jpg
カフェ | Comments (6) | Trackbacks (-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。