TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2011年07月
ARCHIVE ≫ 2011年07月
       次ページ ≫

≪ 前月 |  2011年07月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

猫嫌いが住んでいたThe Cat House

主人の3連休3日目は、私が以前から行きたかったウェストサセックス州ヘンフィールド

にあるThe Cat Houseへ行ってきました。

cat house

16世紀に建てられたという藁葺き屋根のコッテージ風の家は、とっても可愛らしいですよね?

家の外壁と屋根の上には、黒猫の装飾があります。

CATHOUSE1.jpg

ちょっと近づいてみると、

CATHOUSE2.jpg

この黒猫なにやら手に持っていますね!

実はこの猫が持っているのは,当時の家主が可愛がっていたカナリアだそうです。

近くの教会の神父が飼っていた猫に、カナリアを殺されてしまい、それを恨んで

神父が毎日教会に通うためこの家を通るたびに、見せしめのつもりでこの様な

装飾をしたらしいのです。

CATHOUSE3.jpg

さらに2階の窓には、「Zulu hole」と名付けた覗き窓あり、神父がやってくるのを

待ち構えて、貝殻で作った鳴りものや人形などで脅したそうですょ。

CATHOUSE 5

家の外観とは、ちょっと想像出来ないお話ですよね。

写真を撮っていたら、どなたかこの家を訪ねにやってきました。

どうやら、誰か住んでいる様です。

現在のオーナーがどうか猫嫌いではありませんようにと思わず祈ってしまいました。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。