TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2014年05月
ARCHIVE ≫ 2014年05月
       次ページ ≫

≪ 前月 |  2014年05月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

海辺の町 Whistable

お気づきの方はいらっしゃったでしょうか?

黒猫堂 in ロンドン→UK

タイトルを変更しました。

だってご存知の通りロンドン情報についての記事がほぼないものね。

と言う事で先週のバンクホリデーの日曜日はケントのウィッタブルという海沿いの町へ。

この町の2ヶ所でヴィンテージフェアーがあると知って出かけたのですが、もともと

この町は新鮮なオイスターが食べられる事で有名で前々から行きたかったの。

まずはウィッタブル城で開催されたヴィンテージフェアーに行ってみる事に。
fc2blog_201405270259439ee.jpg

fc2blog_201405270300479c0.jpg

fc2blog_201405270301553a9.jpg

fc2blog_201405270302541ff.jpg

お城の中と外の両方で開催されていたのですが、城内はどちらかというとヴィンテージ

よりも年代の古いアンティーク品が多く、外では1950年〜1970年代くらいの

ヴィンテージ品を売っている人が多かったかな。

私達もいくつか戦利品を手にし、他の会場へ移動。

次の会場は規模も小さかったため特に欲しいものも特になかったので、早々にランチを

とる事にしました。

ウィッタブルでは人気のレストランだと予約が2ヶ月も先という噂を聞いていたので、

休日だというのに予約を入れて来なかったから心配でしたが、昼前だったためか

すんなりと席を確保出来ました。

お店の外観の写真がないのですが私達が入ったのは "The Whistable Oyster Company"

というレストランで昔の倉庫を改造したような建物でした。

スターターにはもちろん生ガキ(1/2 Irish Rock Oysters)
fc2blog_20140527024757ddf.jpg

言わゆるRがつく間に牡蠣を食べに来たかったけど結局来る事

ができなくて、生ガキってこの時期どうなの??って思ってたけれどこの町では7月の

終わりと8月初旬に牡蠣まつりがあるくらいだから問題ないみたい。

数年ぶりに美味しい生ガキを食べられて感無量〜〜

他にこの地元で獲れるNative Oysterという牡蠣が有名で私達がオーダーしたRock Oyster

よりも£7ほど高いのですが味が濃厚で美味しいらしいのです。

次回は必ず食べるぞ。

マテ貝のガーリックバター焼き
fc2blog_201405270248505d3.jpg
コリコリとした歯ごたえで貝の味が濃縮されていてこちらも美味でした〜♡

これならいくらでもイケちゃうわーなんて思ってたけど主人が言うにはマテ貝は水銀が

心配だから食べ過ぎは良くないみたい。

主人のメイン、ロブスターのグリル
fc2blog_2014052702482703a.jpg
ちょっともらったけれど驚くほど臭みがなく甘くて最高でした!!

私のメイン、スズキのグリル
fc2blog_20140527024914d41.jpg
ガーリックとローズマリーで香り付けしてあり、味付けは塩のみ。

こちらも地元で獲れた魚だからか身がしまっていて美味しかった。

このお店の良いところは味付けがシンプルで日本人の口に合う事。

お値段はそれなりにしましたが、でもめったに口にできない新鮮な魚介類を頂けて

大満足!!

お腹もいい感じに満たされたので港周辺を散策する事に。

牡蠣の殻が山積み(笑)
fc2blog_20140527024935b62.jpg
観光客達が食べ終わった牡蠣の殻はちゃんと再利用される用途があるそ持って帰っちゃ

ダメみたい。

fc2blog_20140527025152152.jpg

fc2blog_20140527024713ed4.jpg

こちらがフィッシュマーケット
fc2blog_20140527025034be3.jpg
建物の中には獲れたての魚が並んでいて魚屋のおっちゃんがその場でオイスターの殻を

開けて食べさせてくれます。

フイッシュマーケットの外にも生ガキやボイルドシーフードを売っているスタンド

がいくつかあるからレストランで食べるよりもお得に食べ歩きが楽しめますよ。

日曜日でお天気もよかったので午後には観光客がどんどんやってきて道路も渋滞状態。

本当はビーチにも行ってみたかったけれど駐車できるスペースを見つけるのが

大変そうなので残念ながらそのまま帰ってきてしまいました。

主人もこの町が気に入ったみたいなので、また新鮮なシーフードを食べに連れて来てくれる

かなって期待しています♪
スポンサーサイト
レストラン | Comments (12) | Trackbacks (-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。