TOPスポンサー広告 ≫ イギリス滞在記 両親編 1日目~2日目TOPカントリーサイド ≫ イギリス滞在記 両親編 1日目~2日目

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

イギリス滞在記 両親編 1日目~2日目

今日は、今のところ晴れてはいますが、両親が帰国してから天気が崩れはじめ

ロンドンはここ3日ほど雨でした。


さて、両親のイギリス滞在記をそろそろ綴っていこうと思います。

両親は、5月31日に無事到着しました。

先日、ブログにも書きましたが両親は子供や65歳以上の高齢者を対象とした

ANAのサポートサービスを利用させてもらい、ANAの係の方が私達に引き渡すまで

付き添ってくれたので、心配していた入国審査などもスムーズに済んだそうです。

初めての飛行機での長旅で、疲れただろうと思っていましたが、結構元気で、

「イギリスは、さわやかで気持ちがいい」とご機嫌の様子。


初日は、外食はせずに消化のよいうどんで夕食を済ませました。

goron.jpg

人見知りのうちの一人息子は、ベッドの下に潜ってしまいましたが、

両親が猫好きって事がわかったらしく、2日目からは、両親がいるところにも

姿を見せる様になって、そのうち自分からおじいちゃん達に撫でてもらおうと

近寄ってきましたよ。


2日目の朝から、父のリクエストで朝のウォーキングに出かけました。

母は持病の為、長くは歩けないので、お家でお留守番です。

父は、ベースボールキャップを被り、首にタオルを巻き、ロンTをジャージの

ズボンの中にたくし込んで、日本にいる時とまったく変わらないいでたちでした(笑)

恥ずかしい気もしましたが、あまり人も歩いてないので、まーいいかと。。

この日は、主人と私と3人で近所を約1時間くらいかけて歩きました。

朝早く起きるのは、辛いけど歩いてみるとなかなか気持ちのいいものですね。

駅の近くを通りかかったら、警察がテープを貼って道を通行止めにしていました。

事故かと思っていたら、後日知ったのですが発砲事件があって、25歳の青年が

撃たれて亡くなったそうです。

3月にもうちの近くのコンビニで5歳の女の子が、ギャングの抗争に巻き込まれ

撃たれたばかり。。

近所で立て続けに発砲事件があった事は、きっと親が心配するので話しませんでした。


午後から、予定していたSt.Albansのバラ園に出かけて来ました。

ここは、ナショナル・ローズ・ソサエティーのバラ園だそうで、園内には1700種もの

バラが植えられているそうです。

rose3.jpg

rose1.jpg

rose2.jpg

rose4.jpg

rose5.jpg


ホントは、このバラ園は次の週からオープンする予定だったのですが、入れてもらう事が出来、

バラもちょうど見頃で、ガーデニング好きの母も大喜びでした。
スポンサーサイト

Comment

編集
歴史を感じられる建物にバラ園!
ステキだわ~
ガーデニング好きなお母様は喜ばれたでしょうね~
まだオープン前だったら人もいないだろうし、貸し切り
で楽しめたのでは?

近所の事件は言えないですよね......
しょっちゅうではなくても心配させちゃうし。
2011年06月18日(Sat) 20:37
編集
建物もバラ達も素敵!ステキ!e-420
お母様も喜ばれた様で良かったですね^^

発砲事件やギャングの抗争・・・怖いですねi-182確かにご両親には言えないですよねi-201

日本に居るときと同じいでたちでウォーキングされるお父様、
何処にいても自分らしく居られるって素敵です♪
2011年06月19日(Sun) 02:04
編集
おはようございます!

とっても素敵なバラ園ですね♪♪♪

バラの香りを感じながら
園内楽しまれたのですね。

バラ、大好きなお花なので、とっても行ってみたく感じます♪
2011年06月19日(Sun) 07:09
編集
まだ6月といえども、こちらの方の気候の方が、からっとしてるんでしょうね。
日本の姪が、夏をアイルランドで過ごしたいとよく言っているけど、なかなか実現しません。
日本でと同じいでたちでウォーキングをされるの、いいですね~☆ もしうちの家族もこちらにホリデーで来たら、そんな風に日本の空気を持ってきてほしいな ^^
バラ園、きれいですね~。
2011年06月19日(Sun) 09:27
バラ園
編集
イギリスは気持ち良い季節なんですね~。羨ましい!

ギャングの話にはビックリしましたが、やはりその話はご両親にはできないですよね、(^^;)ご心配されますもの。。
対照的なバラ園の素敵な事!!
私の母もガーデニングが好きなので、こんな所に連れて行ってあげたいです。
2011年06月19日(Sun) 11:54
moguさん
編集
私達の他にも、まだオープンしていない事を知らなかった人達が数組来ましたが、
園内も広かったのでほとんど貸し切り状態でゆっくり見て回る事が出来ましたよ♪
母は本場のバラを堪能出来て、喜んでいました。

最近の日本も、決して安全だとは言えなくなりましたが、特に遠く離れて住んで
いると余計心配しちゃいますからね。
2011年06月20日(Mon) 04:55
Juno☆さん
編集
母はガーデニング好きなので、いろんな種類の花を育てていますが、
バラには苦戦しているみたいですよ。
日本にはない品種をたくさん見られて嬉しかったんでしょうね。

立て続けに、家のすぐ近くで事件があるなんて私も恐くなりました。
今後はここ周辺のパトロールを強化してくれるといいんだけど。

せめてロンTの裾くらいは出して欲しかったのですが、
その格好でハリキっている姿がちょっとダサかわいく?
見えたので、そのままにさせておきました(笑)
2011年06月20日(Mon) 05:07
三十路さん
編集
ちょうど見頃の時期に、行く事が出来てラッキーでした。
バラの品種によって、香りの強さの違いがあって、おもしろかったですよ。
日本にもいくつかバラ園があるので、ぜひ楽しんで下さいね♪

2011年06月20日(Mon) 05:21
ミッキー。さん
編集
もう日本は梅雨が始まってた様で、湿気のないイギリスの天気には感激してました(笑)
ミッキーさんのご家族も近い内にアイルランドへいっらしゃれればいいですね。
ミッキー。さんも連れて行ってあげたいところがたくさんあるんでしょうね^^

父のウォーキングスタイルは、ちょっと恥ずかしいんですけど、でも日本と変わらず
ロンドンの町をスタスタと闊歩している姿は、度胸があるなと思いました。
2011年06月20日(Mon) 05:48
グラナーダさん
編集
イギリスは夏でも、蒸し暑さはないので過しやすいです^^

私は出かけるとしてもたいてい昼間で、夕方以降は、ほとんど
一人で出歩かないので、このエリアに住んでいてもさほど恐怖感は
なかったのですが、こうニュースになるとやっぱり恐いなと思います。

叔母が横浜在住なのですが、横浜にイングリッシュガーデンの
バラ園があると言っていました。
きっと連れて行って差し上げたら、お母様も喜ばれるでしょうね♪
2011年06月20日(Mon) 06:11












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。