TOPスポンサー広告 ≫ イギリス滞在記 両親編 5日目TOPカントリーサイド ≫ イギリス滞在記 両親編 5日目

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

イギリス滞在記 両親編 5日目

飛行機で長時間ずっと座りっぱなしだった事と、前日の長距離ドライブで

長年患ってきた、腰痛が久々に出てしまった父。

腰痛のため、普段は固いせんべい布団に寝ていた父ですが、こちらに来てからは、

母と一緒のダブルベッドに寝ていたので、それも良くなかったみたいです。

こちらに来てから3日目から座ったり、立ち上がったりするのも辛そうでした。

この日は、衛兵交代を見るため、ウィンザー城へ行く予定だったのですが、父は家で

お留守番する事に。


せっかくイギリスへ来たのだから、衛兵交代は見せてあげたいと思っていたのですが、

去年、主人の姪っ子が来た時にバッキングガム宮殿の衛兵交代を見に行った時、

観光客がものすごくて、後ろから押されまくってとても落ち着いて見れる状況では

なかったので母ではバッキングガムでの見学は、きっと無理じゃないかと判断しました。


衛兵交代式は、11時からだったのでそれにあわせて到着。

winsor.jpg
城の中心にあるラウンド・タワー


この日は、土曜日でツアーなどの団体客も多かったのですが、ツアー客より個人客の

方が先に入れたおかげで、何とか母だけ一番前の列で見せてあげる事が出来ました。
eihei.jpg

eihei2.jpg


号令をかける指揮官が、声がかすれてしまってうまく声が出せず、見ていて

気の毒になりました。

バッキングガム宮殿で見た交代式よりは、内容が簡略されてる様でした。

前回、ウィンザー城を下見に来た時は城内には入らなかったので、今回は、

礼拝堂と大広間や歴代王の居間や主寝室、数々の調度品や有名画家の作品が集められた

ドローイングルームなどが公開されているステート・アパートメンツを見学しました。

reihaidou.jpg


その後、トラブル発生~~!!

私のトートバッグに入れてあった財布がない事に気づきました。

このトートバッグにはチャックがついていませんが、このバッグを持ち歩く時は

普段から脇できっちりバッグを挟んで、スリに合わない様に気をつけてはいたのですが。。

観光客の多いところでは、けっこうスリがいるのできっと交代式を見ている時にやられた

んじゃないかと思いました。

主人と母に話すと、もしかしたら財布を忘れたかもしれないので、家に電話したら?

と言われ、でも父がちゃんと電話に出てくれるかな~?、きっと他の人からかかって

きたと思って英語が出来ないし、きっと出ないかもなと心配しながら、

かけてみると「もし、も~し!」と即効、日本語で電話に出ました(笑)

父に、事情を話して部屋を見てもらったのですが、結局ないとのこと。。

どうしょう、やっぱりすられたんだと落ち込んでいると、近くに警備員がいたので、

財布が届いていないか相談しました。

本部に無線で聞いてもらったのですが、届いてはないとの返答。

財布の特徴などを説明して被害届けの手続きをしているところへ、父からの電話が、、、

「財布が、机の下に落ちていたよ」と。

良かった~と主人と母と喜んでいたら、横で係員の冷たい視線。。

お騒がせして、申し訳なかったと謝ってそそくさとウィンザー城を後にしました。

帰りは、皇室が所有するファームで採れた野菜や乳性品、食料品を売っている

ウィンザーファームショップのカフェでお土産を買ってランチをするつもりでした♪

royal farm1

ところが、ここでもトラブル発生~!!

お土産を買ったら、主人の所持金が無くなってしまい、結局ランチはキャンセル~(涙)

お土産として買ったクッキーでお腹を満たし、父が待つ我が家へ急いで帰りました。
スポンサーサイト

Comment

編集
衛兵交代って式があるんですね~!このいでたち、イメージどおりのイギリスって感じです!
お財布、騒ぎにはなっちゃったけれど、スリに遭っていなくて良かったですね~^-^;
ランチがキャンセルになったりと、色々予想外の事が起きたけれど、それも思い出になると思います♪

↓の蜂、すごい所に巣を作りましたね~!ビックリ!
一生懸命巣を作ったのに撤去されちゃったi-201
ちょっと可哀想。
2011年06月22日(Wed) 14:53
編集
おはようございます!

お財布見つかって、よかったですね♪♪♪
私、何度か、お財布なくしたことあり、
とっても凹んだことがあります。うふふ

ランチ残念でしたね。
でも、お天気もよくお母様、きっと楽しまれたでしょうね♪
2011年06月23日(Thu) 09:03
編集
え?
ロンドンはいつもにこにこ現金払い?
うちは現金って殆ど持ち歩かないので、逆に使いすぎちゃうのです^^;
2011年06月23日(Thu) 12:45
編集
バッキンガムの大混雑の衛兵交代より一番前で見られたほうが良いですね。お財布がなくなってたら大ショックですが忘れて来ただけで良かった。
予定より早い帰宅でお父様は喜ばれたことでしょう。
いつも堅い布団で寝る人がベッド、ベッドの人が布団、いずれも慣れないと体が痛くなりますね。今は回復されているでしょうか。
2011年06月23日(Thu) 22:01
Juno☆さん
編集
衛兵交代の儀式と言っても、それほど厳かな式ではなくて、
もう観光客相手のパフォーマンスって感じでした。軍楽隊の演奏に合わせて
手拍子を打つ観光客もいるし(笑)
衛兵隊の制服は冬になるとグレーに変わるのですが、やはりこの赤の制服の方が、
定番ですよね!

お財布の事はまったくお恥ずかしいです(汗)
私は、こちらに来てスラれた事がないんだと父と母に話したばかりだったので、
とっても焦っちゃいました~

ハチ達ももうちょっと場所を考えて作って頂きたい(笑)
大きな巣だったのかな?と気になります。
2011年06月23日(Thu) 22:16
三十路さん
編集
まったく人騒がせな事をやらかしてしまいましたが、見つかってホッとしました。
電話をくれた父に感謝っ!!
ホント、財布を無くした時って凹みますよね~

ロイヤルファームで採れた新鮮な食材を使ったランチを食べるつもりで
楽しみにしていたのにねー。
衛兵交代は、やっぱり見たいと言っていたのでいい場所で見られて喜んでました♪
この日も天気が良くて、ラッキーでしたよ^^
2011年06月23日(Thu) 22:36
anemoneさん
編集
イギリスもアメリカ同様、カード社会です。
私は、たいてい現金で支払う事が多いのですが、主人は現金はほとんど持ち歩きませんね。
実は、精算時にちょっとしたトラブルがあって、一時的にカードが利用出来なくなってしまい
仕方なく現金で支払ったんですょ。
でも、カード払いだとつい使い過ぎてしまうって気持ちわかります~
2011年06月23日(Thu) 23:02
タビーさん
編集
イギリス観光で、衛兵交代を見たいならウィンザー城に行く事をおすすめしますね!
バッキングガムよりも、もっと目の前で見られますし、混雑具合もそれほどヒドく
ないです^^
ほんとに、財布を落としたとかスラれたとかじゃなくて良かったです~~

同じく腰痛持ちの主人が持っていた腰痛に効果があるものを紹介した本を読んで、
ストレッチとかしていたら大分よくなりましたよ。ベッドより、直接絨毯の上で
寝る方がいそうで、残りの滞在はそんな風に寝てました。
2011年06月23日(Thu) 23:20
編集
せっかくのウィンザーが、ちょっと残念でしたね。。でもお財布すられたんじゃなくてよかった~!

普段、ほとんど現金を持ち歩かないので、たまに「現金のみ」とか言われてすごすご引き下がったり、近くのATMに走ったりするはめになってます。カードはどうしても使いすぎてダメなんですけどね。(苦笑)
2011年06月24日(Fri) 20:47
tsukikumoさん
編集
失くしたと思った時は、ヒヤ汗ものでしたー。
結局は財布を失くしたのではなかったので、
まだウィンザーでゆっくりも出来たのですが、
人騒がせな事をしたので気分的に早く帰らなきゃっ
て思いましたょ。

うちの主人も現金は持ち歩かないですよ。
うちも現金がなくて諦めた事が多々ありましたよ。
カード払いは、便利だけどマイナス面もありますね~。
2011年06月25日(Sat) 06:49












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。