TOPスポンサー広告 ≫ イギリス滞在 両親編 8日目 TOPカントリーサイド ≫ イギリス滞在 両親編 8日目 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

イギリス滞在 両親編 8日目 

両親がこちらに来てから8日目は、主人のオススメ、ハンプトン・コートに行ってきました。

私は、去年の4月頃に行って、これが2度目になります。

この宮殿は、ヘンリー8世時代に、重臣であったウルジー卿が「イギリスで一番の贅沢な

邸宅を建てたい」と言って造らせたのですが、ヘンリー8世がいたく気にってしまい、

譲らせ、その後、200年に渡り王室に愛用された建物だそうです。

こちらは、宮殿内の豪華な調度品や絵画も見所ですが、24ヘクタールある敷地内にある

庭園も見事なんです。

まずは、宮殿内部にあるチューダー・キッチンを見学する事に。

ここは、16世紀の宮殿の台所がそのまま再現されていて、晩餐の準備の過程を

模型で知る事が出来ます。

無料で、ヘッドフォン式の説明ガイドを借し出ししていて、日本語で展示室の

説明が聞く事が出来ました。

kitichen.jpg
この展示室をのぞくと、お肉を切る音が聞こえてきます。

魚を保存していた倉庫には、不思議と魚の臭いがしました。

kitichen4.jpg

大きなお肉にびっくり!!

そばには、ホンモノの災がメラメラ燃えている炭火のグリル?がありました。

王の晩餐会には、何百人分のお肉やパイを焼いていたそうです。

kitichen2.jpg
今晩の晩餐の準備で、人が足りないので両親達にも手伝ってもらいました(笑)

ハンプトン・コートには、課外授業などで学生がたくさん見学にきます。

この時も小学生の団体が来ていて、とても賑やかでした。

気づくと模型を触っている子供に、母が日本語で何やら話かけていて、子供が

きょとんとした顔をしていました。「日本語で言ったって通じないんだから~」

と私が止めに入っても「でも、英語でジャパーンって言ったもの」って恥ずかしがる

様子もなくケロッとしていましたっけ。(笑)

空手を習っているのか、私達が日本人だとわかると「こんにちは!」と言って自慢げに

空手のポーズをとる子供も。

このキッチンを見を終わって、ステート・アパートメントと呼ばれる宮殿内部を

見学しました。

一般の方は、見学するには階段を利用するのですが母の為に、係の方が、エレベーター

を使う様に進めて下さいました。

宮殿内には、かのヘンリー8世とアン王妃に扮した人達が当時の衣装を身にまとって

写真撮影に応じたりしてました。

今日くらいは王様と王妃の気分を。
bannsakai.jpg

tenjyou.jpg
王妃の寝室 天井画

tapesutori-.jpg
華麗なタペストリー 完成するまでどれくらいの時間がかかったんだろう。

宮殿内にはまだまだ紹介したいものは、たくさんありますが、先を急がなきゃ~。

見応え満載のパレス・ガーデンです。

funnsui.jpg

hamp.jpg
16世紀の庭園を再現して設計された、ノット・ガーデン

hamp1.jpg
以前は、観賞用の池として淡水魚がいたそうですが、現在はえり抜かれた
春夏咲きの花々が植えられているポンド・ガーデン

basha.jpg

大きなイチイの木が立ち並んだ、グレート・ファウンテン・ガーデンでは、
シーズン期間中は馬車に乗れるそうです。


rosegarden1.jpg
ここのローズガーデンも見事でした。

ローズガーデンのベンチで持って来たおにぎりでランチをしました。

おにぎりをほおばる4人の姿に、いぶかしげな視線を投げる観光客達も

気にせず、満足感に浸っていました~♪


いよいよ次回は、ハリケーンの様にエネルギッシュな叔母の登場です!!
スポンサーサイト

Comment

管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011年06月29日(Wed) 01:16
編集
16世紀の生活が垣間みれて良い!
当時はこんな風にしてたのか~って体験出来るのって
面白いですよね。
子供達との触れ合いも可愛いな~
2011年06月29日(Wed) 01:18
編集
こんばんは!

ご両親、UK満喫されたのが
とっても記事から伝わってきます♪♪♪

天井画、素敵ですね♪♪♪

更にガーデンも♪♪♪

次回の更新もまた楽しみにしています♪♪♪
2011年06月29日(Wed) 04:04
編集
きゃ~素敵!!
アメリカで「The Tudors」というヘンリー8世の番組があったんですが
大好きだったんですよ~。
http://www.sho.com/site/tudors/home.do
だからあの時期の歴史にはすごく興味があります~!
ご両親も王様気分を味わえたようでよかったですね。(笑)
は~やっぱり本物のイングリッシュガーデンは素敵~♪
2011年06月29日(Wed) 05:43
編集
お城もお庭も素敵です~e-420
臣下に譲らせたのも納得!でも、譲らされたウルジー卿、ちょっと気の毒i-229

ローズガーデンが美しい~v-254
たっぷりイギリスを満喫されてますね~♪
ハリケーンの様にエネルギッシュな叔母様!
どんな滞在記になるのか楽しみです^^
2011年06月29日(Wed) 10:11
編集
ええ~、ヘッドフォンが無料?!
椅子に座ってもいいの?!
ハンプトン・コート、とってもサービスがいいのね(それとも入場料が高いの?)。
ちょうどバラも見頃で、ホントによかった!
おにぎり、おいしかったでしょうね♪

くろすけ、どこに寝るか、大変だったね~。
お父様にお腹を見せて甘えた?
猫はだいたい知らない男の人は怖いのに!
2011年06月29日(Wed) 19:54
鍵コメさん
編集
日本にいる時は、なかなか親孝行も出来なかったのでここに来た時くらいは、
楽しんでもらわなきゃと思っていました^^
2011年06月30日(Thu) 20:32
moguさん
編集
宮殿内は楽しみながら、王室の歴史や生活などが学べて、面白かったですよ。
当時の王室の華麗な生活ぶりを想像してしまいますよね!

実はその後、母が庭園で作業していた方にも日本語で話しかけていたんです(汗)
2011年06月30日(Thu) 20:48
三十路さん
編集
両親ともチューダー・キッチンの展示物にも面白がっていたし、見事に手入れされた
イングリッシュガーデンに感激していましたよ~。

天井画は、修復はしているかと思いますが、色が鮮やかで素晴らしかったです。
2011年06月30日(Thu) 20:57
Queen Sashaさん
編集
このドラマおもしろそうですね!!
ヘンリー8世の二人の妻が姦通罪で処刑されているので、
そういうドロドロしたエピソードも描かれているのかしら?(わくわく)
このハンプトンコートには、ヘンリー8世の肖像画が飾られていましたよ。

ここのイングリッシュガーデンは、やぱっり見応えがありました。
ここまで管理するのは、大変だろうな~
2011年06月30日(Thu) 21:19
Juno☆さん
編集
ウルジー卿は、自分財を尽くして夢の宮殿を
取られてしまったんですものね~。
ヘンリー8世は、自分の欲しい物は必ず手に
入れる様な王様だったんだろうな。。

ここのローズ・ガーデンも何十種類という
バラに埋め尽くされていて、見事でしたよ。
叔母は、体力もしゃべりもパワフルです(笑)
2011年06月30日(Thu) 23:25
愛されている妻さん
編集
そうそう,ハンプトン・コートの入場料は、
高いですよん!!
でもここのスタッフの方には親切に案内してもらえたので、良かったです。

えへへ,,バラとおにぎりじゃ随分ミスマッチでしたが(せめてサンドウィッチ?)
バラを見ながら美味しく頂いちゃいました。

くろすけは、父だけじゃなくて以前鍋パーティーに来ていた男性にもすぐに慣れたし、
自分をかまってくれる人なら誰でもいいのかも。。
2011年06月30日(Thu) 23:37












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。