TOPスポンサー広告 ≫ イギリス滞在記 両親+叔母編 11日目 その2TOPカントリーサイド ≫ イギリス滞在記 両親+叔母編 11日目 その2

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

イギリス滞在記 両親+叔母編 11日目 その2

ヘイスティングは、1066年フランスから渡ってきたノルマンディ公ウィリアムが

イングランドの王へロルド王2世を打ち破った「ヘイスティングの戦い」で知られる

イギリス南部の町で、今はブライトンにならぶイギリス屈指のリゾート地になっています。

この時には快晴になっていたので、早速ビーチへGO!!

NORI NOBU
一番乗りの叔母と父

BEACH HOUSE

HEYSTING.jpg

風が強かったけれど、気持ちよかった~!!

叔母は、「ドーバー海峡に来れたなんて夢の様だわ」と大喜び^^


夕飯までには、時間がまだあったので、海を臨む様にそびえたつ断崖をケーブルカーで

登る事が出来るので、乗ってみました。
DANGAI

CABLE CAR

DANGAI1.jpg

頂上からの眺めは最高でした~

高所恐怖症の主人だけが、すくみあがっていましたけれど(笑)

ケーブルカーを降りてから、ヘイスティングの漁に使われた道具類や船を展示した

フィッシャーマン博物館を見学。

FISHERMAN.jpg

RX134.jpg

そろそろお待ちかねのディナーです!!

やはり、ヘイスティングに来たのだからシーフードを食べなくっちゃ。

まずは、シーフードプラッターから。
SEAFOOD.jpg
おっきなエビに牡蠣に、ツブ貝の様な貝に、蟹など盛りだくさんでどれも新鮮で、美味しい~

SEAFOOD1.jpg
ムール貝もたっぷり

SEAFOOD2.jpg
メインは、父と母と私は、ヘイスティング名物の舌平目のソテーにしました。

上に小エビと最近レストランで結構使われているという歯ごたえのある海藻がのっていました。


SEAFOOD5.jpg
叔母と主人は、定番のフィッシュ&チップス

これで、お腹がいっぱいだったけれどデザートは別腹と言う事で、デザートもさらに

食べちゃいました。

デザートもうまうまうま~~~

美味しい料理もさることながら、お店のマネージャーと他のスタッフ、お客さんまで

フレンドリーで気持ちよく食事が出来ました。

他にもフィッシャーマン博物館を管理されてた方もケーブルカーのチケット売り場の

おばさんもホントにフレンドリーで、お釣りを投げて返す様なロンドンとはだいぶ違うな~


夕食が終わって、ホテルに戻るとホテルのフロント担当の方が、

「カメラを落とさなかった?」と声をかけてきました。

それは叔母のカメラで、叔母は部屋に置いて来たものだと思っていたみたいです。

駐車場に落ちていたカメラを、タクシーの運転手さんが拾ってフロントに届けてくれたとの事。

叔母は、ほっとした様子で何度もフロントの方にお礼を言っていました。

きっとロンドンで落としたら、見つからなかったかもな。。

この日も充実した1日になりました~♪
スポンサーサイト

Comment

編集
天気が良くて気持ち良さそう!
そして美味しそうな魚介類~
雰囲気だけでなくて人柄も素敵なところですね。

↓ライの街並も可愛いですよね~
ガイドブックか雑誌の特集でキュンとしたの覚えてる。
眺めは残念.....
だけど素敵な部屋!
2011年07月06日(Wed) 04:24
編集
おはようございます!

とっても素敵な所ですね♪
私、ビーチが好きなので行ってみたくなりました。
そして、お食事もとっても美味しそうですね♪♪♪

叔母様もイギリスの色んな顔を楽しめたようでとっても満足されたでしょうね♪
2011年07月06日(Wed) 05:46
編集
食いしん坊な私は
やはりシーフードに目が行ってしまいました。
おいしそう~☆
私の住むところでは新鮮なシーフードは食べられません(悲)
ただし、巨大な川魚の切り身の鉄板は食べられますよ。
(1kg~売ってくれるので一人では行けませんけどね…)
2011年07月06日(Wed) 10:00
編集
誰もいなくて気持ち良さそうなビーチですね!
ケーブルカーも楽しそう。
叔母さんも喜ばれていたようで何よりですね。
それにしてもすごい迫力のシーフードプラッター!
ムール貝もおいしそう!
そうそう、こういう所に来たらガッツリと食べておかなくっちゃね~♪ (笑)
2011年07月06日(Wed) 10:13
moguさん
編集
そうなんですよ~!!
南部の達ってフレンドリーですごく人柄がいいんです。
いずれはこういうところに住みたいな~って思いました。

ライの町は、石畳とチュ―ダ様式の街並も可愛いし、
アンティークショップも集まっているし何度来ても飽きないです。

ホテルからの眺めは、トホホでしたがスタッフの方も親切だったし、
部屋もラッキーだったので、真ん中をとって星2つってところでしょうかね(笑)
2011年07月07日(Thu) 04:10
三十路さん
編集
ヘイスティングは、ずっとビーチが続いていて、あまり人がいなくてのんびり出来る
スポットもあるのでオススメですょ!
(注意:砂浜じゃなくてジャリだけどね)
たまに、海の潮風にあたるとリフレッシュできますものね^^

料理は地元で捕れた新鮮なシーフドを使っているから美味しかったです~♪

叔母は、好奇心が強いし、人とコミュニケーションをとるのが好きなので、
楽しかったみたいですよ。
2011年07月07日(Thu) 04:18
Piroさん
編集
ヘイスティングは、港町だけあってロンドンに比べて
シーフードが安く食べられるんですよ。
量もたっぷりあって、みんな大満足でした。

日本人は、魚介類の新鮮さにはこだわってしまいますよね。
ブラジルの川魚の鉄板焼きも食べてみたいな~。
そういうレストランは大勢で行ったら、楽しそう♪
2011年07月07日(Thu) 04:37
Queen Sashaさん
編集
ビーチのセンターは、賑わっていましたが
ここはちょっと外れた場所だったので、
いい年の人達が、はしゃいでも大丈夫でしたょ^^(笑)
叔母も童心にかえって、楽しめたんじゃないかなと思います。

ケーブルカーも2分やそこいらで、頂上に着いてしまうのですが、
海も町も見渡せて、眺めが最高でした。

ディナーは、叔母のおごりだったので遠慮なくガッツリいかせてもらいました(笑)
それにしても、やっぱり捕れたての魚介類は美味しかったな~♡
2011年07月07日(Thu) 04:57












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。