TOPスポンサー広告 ≫ 猫嫌いが住んでいたThe Cat HouseTOPカントリーサイド ≫ 猫嫌いが住んでいたThe Cat House

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

猫嫌いが住んでいたThe Cat House

主人の3連休3日目は、私が以前から行きたかったウェストサセックス州ヘンフィールド

にあるThe Cat Houseへ行ってきました。

cat house

16世紀に建てられたという藁葺き屋根のコッテージ風の家は、とっても可愛らしいですよね?

家の外壁と屋根の上には、黒猫の装飾があります。

CATHOUSE1.jpg

ちょっと近づいてみると、

CATHOUSE2.jpg

この黒猫なにやら手に持っていますね!

実はこの猫が持っているのは,当時の家主が可愛がっていたカナリアだそうです。

近くの教会の神父が飼っていた猫に、カナリアを殺されてしまい、それを恨んで

神父が毎日教会に通うためこの家を通るたびに、見せしめのつもりでこの様な

装飾をしたらしいのです。

CATHOUSE3.jpg

さらに2階の窓には、「Zulu hole」と名付けた覗き窓あり、神父がやってくるのを

待ち構えて、貝殻で作った鳴りものや人形などで脅したそうですょ。

CATHOUSE 5

家の外観とは、ちょっと想像出来ないお話ですよね。

写真を撮っていたら、どなたかこの家を訪ねにやってきました。

どうやら、誰か住んでいる様です。

現在のオーナーがどうか猫嫌いではありませんようにと思わず祈ってしまいました。
スポンサーサイト

Comment

編集
可愛い外観に 似合わないお話が 残ってるんですね~
でも のどかな 感じで 可愛いおうち(^^)

日本の茅葺とは また違った雰囲気で 面白いですね。
2011年07月30日(Sat) 18:55
編集
可愛く描かれてるけど、赤いのが怒りを感じる....
脅し用の小窓まで?
石を投げたりとかじゃないのが、ちょっと可愛い。
ご家族にとっては許しがたい出来事だったと思うけど
面白いエピソードだわ。
2011年07月30日(Sat) 20:32
編集
あらら、こんな可愛らしい外観のお家なのに、悲しいエピソードが・・・
昔は猫ちゃんは放し飼いが普通だったから、そんな話も多かったんでしょうね~i-241
今お住まいの方は猫好きでありますように!

屋根に乗っている猫ちゃんがすごく可愛い♡
2011年07月30日(Sat) 21:15
編集
おはようございます!

とってもかわいいお家ですね♪♪♪

カントリーサイドにいくと、昔からのお家が残っていたのを思い出しました♪
2011年07月31日(Sun) 08:03
花あじさいさん
編集
家の名前からして、猫好きの人が所有して
いたのかとばかり思っていましたが、こんな
エピソードがあったとは、オドロキました。
この家を見にわざわざ出かけた事は、もちろん
くろすけには内緒です(笑)

イギリスでは、こういった茅葺きの家がとても人気があり、
価値的にもかなり高い値で取引されている様です。
行政も景観保存のために職人のトレーニングや維持費の補助なども
しているそうですょ。
2011年07月31日(Sun) 17:52
moguさん
編集
覗き窓まで作ったなんて、当時の家主の神父への根強い憎悪が感じられますよね。
でもやった事は、ちょっと子供じみた感じもしますが、、、(笑)
毎日、この道を通らないといけない神父は、ホントいたたまれない気持ち
でしたでしょうね。
2011年07月31日(Sun) 18:07
Juno☆さん
編集
悲しいお話だけど、面白みもありますよね~
神父を怖がらせようとしたカナリアを持った黒猫の装飾も、
なんだか憎めない顔してるし(笑)
あの時勇気を出して現在の家主に、猫が好きかどうか聞いておけば
良かったなー。
2011年07月31日(Sun) 18:29
三十路さん
編集
特にカントリーサイドには、この様な家が結構見られますよね。
中世は、この様な草葺きの屋根の家がほとんどだったらしいですね。
その時代のものが現在も大切に守られ残されているのは、さすがイギリス
だなって感じます。

まぁいわくつきの家ではありますが、外観は素直に可愛いと思って
しまいます(笑)
2011年07月31日(Sun) 19:13
編集
わ~可愛いお家!
と思ったらそんな裏話が!?
むむむ・・・そういわれればなんか因果を感じるわ。
中がどうなっているのか気になりますね!
2011年08月01日(Mon) 06:59
編集
こんにちわ☆

面白いいわくのある家ですね。この壁の猫の絵柄も、そのお話も、いかにもアンティークな家ですよね~。面白いなあって思いました。


2011年08月01日(Mon) 10:55
編集
まぁ、そんなお話があったとは!
そういえば、昔は飼ってたセキセイインコとかを猫に殺されたって話、珍しくなかったもんね。
殺されたほうの気持ちもわかるし。
太陽にも見えるけど、血の飛び散るような真っ赤も心なしか怖い。

そういえば、夫の育った家もそういう藁葺き屋根の家。
Owl's Nestとニックネームがついていたんですって。
でも、年末の花火とか、火事がとても心配だったみたい。
2011年08月01日(Mon) 21:24
編集
わははは
実にイギリスらしいお話だこと^^;
でも、イギリスの田舎のかやぶきのおうちって冗談みたいにかわいいのよねー。
大好き^^
2011年08月02日(Tue) 11:15
Queen Sashaさん
編集
この家のエピソードを知らなければ、
かわいい家で終わってしまいますが、
やっぱり話を知ってしまうとちょっと
違った目で見てしまいますよね。
私も家の中が気になっちゃいます^^
2011年08月02日(Tue) 19:48
ミッキー。さん
編集
猫好きの私には、ちょっとひいてしまうお話でしたが、
やっぱり面白い!!
イギリスでは、幽霊が出たりこんないわくつき
の古い家が意外にも人気があって、最新の設備が
整った新築の家よりも価値があるんですよね~(笑)
お伽の国アイルランドにもこういういわくつき家って
ありそうな気もしますが。。。
2011年08月02日(Tue) 19:59
愛されている妻さん
編集
遠目では、単に可愛い家に見えるけれど、
よく見るとやっぱり家主の憎悪も感じられずには、
いられない建物ですよね。
このアンバランスなところに、とても惹かれてしまいます。

田舎に行く様になって、やっぱり藁葺きのお家に憧れているんです。
ご主人のOwl’s Nestなんて愛称からも、可愛らしいお家
だったのだろうと想像がつきますよね^^
2011年08月02日(Tue) 20:15
anemoneさん
編集
私も、こんなエピソードってなんともイギリスらしいと思いました^^
最近は、毎週末車で田舎を走っているので、よく茅葺きの家を見かける
様になって、いつかは、こんな家に住んでみたいと憧れています♪
まぁ~、そのまま憧れで終わってしまいそうですが、、、。
2011年08月02日(Tue) 20:37












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。