TOPスポンサー広告 ≫ The Beatles ゆかりの地を訪ねて リバプール編1日目TOPカントリーサイド ≫ The Beatles ゆかりの地を訪ねて リバプール編1日目

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

The Beatles ゆかりの地を訪ねて リバプール編1日目

8日から1泊2日でビートルズの出身地リバプールへ行ってきました。

主人と従兄弟と3人で行く予定で全て手配済みだったのですが、先週くろすけが

元気はあるのに食後しばらく経つと吐く様な事が2日くらい続いてしまい、

急遽主人が家に残る事になりました。

(ちなみに長年あげていたキャットフードをやめて違うメーカーに変えたら、ピタッと

吐く事もなくなりましたよ。前より余計食欲が増したみたい)


従兄弟と二人旅と言う事で色々と不安もありましたが、せっかくチケットもホテルも

手配してあったので、思い切って行く事にしました。

ロンドンからリバプールへは、今回初めてMegabusという格安コーチバスを利用。

メガバスはイギリスの主要都市を結ぶ長距離バスで、最低片道1ポンドからという激安ぶり!!

なんとリバプールまで一人往復7ポンド!!で行けちゃいました。

ロンドンからリバプールまでは所要時間約6時間の道のり。

もちろん列車で行けばリバプールまで2時間半くらいで到着できるのですが、

何しろプー太郎二人が行く貧乏旅行なので、贅沢は禁物です!!

車内にトイレが設置されているので、休憩なしのノンストップでマンチェスターまで行き、

目的地リバプールへ。

ロンドンを10時に出発してリバプールへ到着した時には、4時少し前でした。

リバプールは、18世紀頃から貿易港として栄え、ロンドン以外の都市で

一番多くの博物館や美術館もあることから、2008年には欧州の文化都市に

選ばれたそうです。

ここ近年はめざましい発展をとげ、都市開発が進み街全体がモダンなおしゃれな

街となりました。

ビートルズを巡る旅なので、到着してからまず向ったのはウォーターフロントの

アルバート・ドッグ内に建てられたThe Beatles Storyというミュージーアムに向いました。

DSC02035_convert_20111110192818.jpg

beatle.jpg


ここにくれば、ビートルズの誕生から解散までの道のりを知る事が出来ます。

館内には年代毎に写真や展示物が展示してあって、日本語の音声ガイドも貸し出しているので

とてもわかりやすく、ファンでなくともその当時の雰囲気を味わう事が出来ます。

私のオススメの見所は、ライブハウス「The Cavern Club」を当時の店内の

様子を忠実に再現したステージや、映画にもなったイエローサブマリンのサイケな潜水艦など。

(館内の詳細についてはHPをご覧下さい)

このミュージアムがあるアルバート・ドッグには、大観覧車やオサレなレストラン、カフェ、

モダンアートのテート・リバプールやその他の博物館などがあり人気の観光スポットに

なっています。

liverpool.jpg

予約していたホテルに行き、チェックインを済ませたあと、夜のリバプールの街へ

繰りだしました。

リバプールへ来て驚いた事、、、街はモダンで華やかなのに、夜7時を回るとかなり

閑散としてしまいます。

さすが、ビートルズの出身地と言う事で、いまだに街のいたるところでビートルズに

出会えます。

liverpool2.jpg

気がつけば朝からサンドイッチ1パックしか食べていなかった私達、手軽に入れそうな

パブに入り、あまり美味しくもないパブ飯で夕飯を済ませてから、次のスポットを目指しました。

リバプールで一番有名なライブ・ハウス「The Carvern」に来てみました。

cavern.jpg


せっかくきたのだから、若手のバンドでも見ていこうかなと思っていたのですが、

いとこが酔いが回ってきてしまい、断念、、、。

翌日に持ち越しとなりました(ここの記事は次回詳しく書きます)

とりあえず店の前で写真を撮っていると、小太りのおじいさんが近づいてきて

「自分はビートルズの最初のバンドマネージャだったんだ。信じるかい?」って。

ビートルズの歴史については、ビートルズストーリーで勉強してきたばかりだったから、

信じはしなかったけれど、一応握手はしてもらいましたよ^^

john.jpg
The Cavernの前にただずむ若かりし頃のジョン・レノンの銅像

1日目のリバプールレポはここまでです。
スポンサーサイト

Comment

編集
7ポンドって安いですね、ちょっとびっくりしました。
なんだかRyanairのコーチ版みたいな。。
乗り心地のほうは、どうでしたか??
それもビクトリアから出発ですか?
リバプール行ってみたくなりました~v-354
2011年11月11日(Fri) 04:41
編集
くろすけちゃんの具合が良くなってよかった。
今まであげてたキャットフードが急に合わなくなったのかしら?

安い!
時間に余裕がある旅なら断然お得~
ビートルズファンには聖地ですよね。
街中に彼らの面影がありそう。
2011年11月11日(Fri) 08:58
編集
くろすけちゃん 大丈夫ですか?御飯 飽きちゃったのかしら?
うちも フード替えてみようかなあ・・・辰さんが 2回ほど吐いて んで たまたま頂き物の フードをあげたら 元気に食べてるんですよね。

ドキドキの旅行ですね~旦那様付いてこなかったら 心細いでしょ^^って 結構 しゃきシャき楽しそうですね♪
日本からも ファンがいっぱいいってそうですね!!!
2011年11月11日(Fri) 09:24
編集
くろすけ君大丈夫ですか?
うちも今までのフードに新しいフードを足し始めたら
食後に吐くようになったので元に戻しました。
やっぱり食に合う合わないがあるんでしょうね・・・。
おお~リバプール!
ビートルズ好きにはたまらない街ですよね~
一度は行ってみたいです!
2011年11月11日(Fri) 12:52
編集
それと、くろすけちゃんは、大丈夫ですか?
2011年11月11日(Fri) 18:19
編集
こんばんは♪
くろすけ君、吐かなくなって一安心ですね!
ごまも(犬だけど 笑)よく吐く子ですが、フードを変えたらかなり吐く頻度が減りました!やっぱり食べ物って大切ですよね。

リバプールってロンドンの隣町、くらいのイメージでしたが、6時間とは、けっこう遠いんですね~!
さすがにビートルズだらけだ!
次のレポートも楽しみにしていますね♪

2011年11月12日(Sat) 19:44
ミッキー。さん
編集
Mega Bus安いですよね!!
行きはガラガラだったので、一人で2席使っちゃったりして
ゆったりできたのですが、帰りはマンチェスターから混んできたので、
ちょっと窮屈でした。
いとこは時間がかかるし、体も疲れるしでもう乗りたくないって
言ってましたけど、私は長時間でも結構平気だし、何しろ安いので
また利用すると思います。
そうです、ビクトリアのコーチステーションから出発しました。

リバプールには大聖堂や歴史的建造物もあるし、ショッピングセンターも
いくつかあってビートルズに興味がない人でも楽しめる街だと思います。

おかげさまで、くろすけはキャットフードを変えてからは1回も吐かなくなりました^^
2011年11月12日(Sat) 23:51
moguさん
編集
くろすけは、あれから1回も吐かなくなりましたよ。
子猫用のキャットフードを卒業してから
ずっと同じメーカーのカリカリだけをあげて
たらしいので、いい加減飽きたのかもしれませんね。
そうそう、時間に余裕がある旅ならMegaBusの様な
激安コーチで十分です。
次回は、これでスコットランドまで行っちゃおうかな(笑)
リバプール市民もすごくビートルズの出身地
って事に誇りを持っていて、写真をとっていると、あっちに銅像が
あるよなどと親しく声をかけてくれるんですよ。
2011年11月13日(Sun) 00:03
花あじさいさん
編集
たぶん、くろすけは今までのフードに飽きちゃったんでしょうね。
よく嫌そうに砂掛けしてましたもん。
今はガツガツしてます(笑)
辰さんのフードも変えてみるといいかもしれませんね^^

主人が来れなくて不安に思っていたのですが従兄弟は地図さえあれば
どこへでも行けるので今回も助かりました~。
ビートルズのモニュメントがあるところどころで、日本人らしき観光客を
見かけましたよ。
2011年11月13日(Sun) 00:15
Queen Sashaさん
編集
ご心配ありがとうございます。
くろすけは、あれから1度も吐かなくなりすっかり心配もなくなりました。
くろすけはもう10歳になるので、今までのフードが合わなくなってきた
のかもしれませんね。

未だに世界中からいとこの様な熱心なビートルズファンがリバプールへ
やってくるんでしょうね。
でもビートルズ抜きにしても観光スポットがたくさんあって飽きない街だと
思いましたよ。
2011年11月13日(Sun) 00:31
Juno☆さん
編集
ごまちゃんもフードが合わなくて、吐いちゃった事があるんですね。
くろすけは毛玉以外あまり吐くって事がなかったので、今回はホントに
心配しました。
くろすけは10歳になるので、これからはもっとフードにも気を
使ってあげなきゃなと思います。

リバプールとマンチェスターは小1時間なのですが、ロンドンからだと
遠い道のりなんですよ。
さすがリバプール、1泊2日の旅なので今回紹介しきれなかった
ビートルズゆかりのスポットがまだたくさんあるんですよ。
2011年11月13日(Sun) 00:43












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。