TOPスポンサー広告 ≫ 2012年 両親英国滞在記10 南仏の旅3日目(3)TOP旅行 ≫ 2012年 両親英国滞在記10 南仏の旅3日目(3)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

2012年 両親英国滞在記10 南仏の旅3日目(3)

前回のトゥレット・シュル・ルーからの続きです。

村の見晴し台より、景色を堪能しているとちびっ子くろすけの姿が、、、

DSC_0879_convert_20120626205826.jpg

このちびすけ、見ていた母が言うには観光客のグループのあとをずっとついてきたとか。。

いっちょまえにこの村のガイド猫なのかもしれません。
DSC_0885_convert_20120626211002.jpg

またアーチをくぐって村に戻ってみましょう。
DSC_0888_convert_20120626214031.jpg

DSC_0895_convert_20120626215505.jpg

DSC_0896_convert_20120626214140.jpg

しばらくするとこんなお店を発見!!

IMG_1198_convert_20120626211414.jpg

ハンドメイドのネームプレートや壁掛けなどを売るお店。

プロヴァンス風のデザインが素敵で、私より主人が表札として欲しがったけれど、

うちはマンションで表札なんて出している人いないし、値段もけっこう高いので

結局諦めさせました。

地元産のオリーヴオイルやジャムなどを売るお店 外観が可愛い
IMG_1192_convert_20120626214313.jpg

DSC_0904_convert_20120627002426.jpg


IMG_1209_convert_20120626215155.jpg

この村の湧き水は山に囲まれているから、きっと澄んでいて美味しいんだろうな〜
(飲む勇気はなかったけどね)

ホントにどこを見ても綺麗な村で、離れるのが名残り惜しいほどでしたが、次は

サン・ポールという村に移動しました。

わかり辛いけど、奥に見える山の頂上にあり、周りを城壁で囲まれているのが

サン・ポールの村
DSC_0962_convert_20120626231738.jpg


ここは最初に行ったヴァンスやトゥレット・シュル・ルーよりもさらに観光客に

人気があるらしく、車もなかなか止められないほど賑わっていました。

まずは、サン・ポールの城門近くのブラッセリーで休憩も含めてランチをとる事に。

母と父は、パニーニ、私と主人は本日のランチメニューでステーキとラビオリをオーダー。

そう言えば、今回もイタリアンだし、、、せっかくフランスに来てるのに全然フランス

料理を食べていませんねー。

食事が終わって、雨も降っていたので、お疲れ気味の両親をお店に残し、主人と二人で

観光する事にしました。

サン・ポールはアーティーストが集まる村だけあって、城壁の内側だけじゃなく外にも

オブジェなどがあり人々を楽しませていました。

DSC_0942_convert_20120626225551.jpg

DSC_0945_convert_20120626225938.jpg

サン・ポールの村の造りは先ほど行ったトゥレット・シュル・ルーにとてもよく似ていますが、

たくさんのモダンアートなどのギャラリーやギフトショップが軒を並べ、もっと近代的な

印象。

DSC_0946_convert_20120626230436.jpg

IMG_1222_convert_20120626225757.jpg


ここでも嬉しい出会いが、、、

IMG_1216_convert_20120626231029.jpg
カリカリのお食事中に失礼しちゃいましたが、ちゃんとご挨拶してくれましたよ。
DSC_0950_convert_20120626230732.jpg

古い教会や噴水は中世時代の名残りを感じさせます。
DSC_0954_convert_20120626232347.jpg

IMG_1218_convert_20120626232721.jpg

両親を待たせてしまっていたので、あまり写真も撮らずに早々と切り上げ、ニースへ

戻りました。

美術館に行きたいと言っていた父のリクエストが最後になってしまい、急いでマセナ美術館に

向ったけれど、間に合わず、、、


最後は海沿いニースのプロムナード・デサングレに建つ超高級ホテルネグレスコに

泊まったつもりで記念撮影!!
DSC_0974_convert_20120626235212.jpg
「次回は、ここへ泊まるぞー」

せっかくの南仏での最後の晩餐をチェーン店のマズいバーガーで済ますという失態をまたまた

犯してしまいましたが、思い出に残る旅になりました

お天気が良ければもっと楽しめたんだけどね〜〜
スポンサーサイト
旅行 | Comments (17) | Trackbacks (-)

Comment

編集
綺麗だね^^。
にゃんこもたくさんいていいなv-238いいなv-238
2012年06月27日(Wed) 00:37
編集
案内してくれるチビっ子くろすけちゃん、可愛い〜
ネコちゃんがピッタリな村だわ。
アーチも階段も窓も本当に素敵.....
とってもきれいだけど歴史を感じられますね。
そういった村の中で近代アートがあるのも面白いな〜
2012年06月27日(Wed) 01:56
編集
お久しぶりです!
手の痛みがぶり返しちゃってすっかりご無沙汰しちゃってすみません(汗)

毎回同じコメントしてますが、
石造りの町も、お散歩しているニャンコも
すべてが素敵素敵素敵~♡
NHKの”世界ふれあい町歩き”の様です!

お天気はイマイチで残念でしたが、ご両親のお写真が
とてもいい笑顔で、楽しまれたんだな~って分かりますよ~。
2012年06月27日(Wed) 13:33
編集
ガイドねこさん、いい子ですね。くろすけかと思いました。
美しい村の写真を見てたらすごく行きたくなりました。
お食事中のネコもちゃんとカメラを見てますね。
2012年06月27日(Wed) 19:20
編集
これはどっちも絵に描いたような村ですね~♪
クロネコちゃんがずっと観光客のグループについてきたって、可愛い!
南仏のことはいままであまりよく知らなかったんですが、こういう村にはいつか行ってみたいな。個人的には、写真ではトゥレット・シュル・ルーのほうに惹かれるけど、中は良く似た感じでしたか?
2012年06月27日(Wed) 23:47
日本の親友さん
編集
相方さんが飛行機がダメならぜひクルージングで
南仏方面も回るといいよ!
ここら辺のにゃんこはみんなあいそが良くて、
撫でさせてくれたよ♪
2012年06月28日(Thu) 05:07
moguさん
編集
あのちびっこくろすけは、1回だけ撫でさせてくれたけど、
ガイドに忙しかったらしく、彼らが移動する度にとっとこ
ついて行ってしまいました(笑)
一昨年行ったサントリーニ島の猫達みたいに、この周辺の村の
にゃんずものびのびと気ままに暮らしているみたいです。
トゥレット・シュル・ルーの街並の完璧なまでの美しさは言葉を
失うくらい。
サン・ポールは中世時代の建築物に近代アートがうまく調和していて、
ユニークな村でしたね。
2012年06月28日(Thu) 05:36
Juno☆さん
編集
その後、手の痛みはどうですか?
落ち着きましたでしょうか?
南仏らしい可愛い村に行く事が出来て、
いい思いでになりました。
私も日本にいたときに"世界ふれあい町歩き"
よく見ていましたよ♪
どんより空のイギリスを抜け出して、太陽が
さんさんと降り注ぐリゾート地に来たはずが
イギリスと変わらない天気でガックリきちゃいましたね(涙)
でも両親も喜んでくれたので、来れて良かったです。
2012年06月28日(Thu) 05:53
タビーさん
編集
このチビくろすけは、よく働くいい子でしたよ(笑)
7、8人くらい観光客がいたのにちっとも
動じずにちゃんとついて行くんだから。
ちゃんとカメラ目線になってくれるし、
この周辺のにゃんこは、観光客慣れしてるのかもね。

ニースやモナコよりも小さな村を観光する
方が数倍も楽しかったです。
南仏には小さな村がたくさんあるので、
今度はもっと東に移動してプロヴァンス
巡りをしたいですね。
2012年06月28日(Thu) 06:04
ミッキー.さん
編集
他の町や村もそれぞれ良かったけれど、
やっぱり強く思い出に残っているのは
この3日目に行った街並ですね。
ガイドのちびっ子くろすけは、ちゃんと
お手当のオヤツをもらえたかしらね?(笑)
トゥレット・シュル・ルーは1000年前
から時が止まった様な村で、サン・ポール
は反対にもっと観光化され、現代的な雰囲気
でした^^
2012年06月28日(Thu) 06:23
管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012年06月28日(Thu) 18:43
編集
ちびくろすけちゃんが案内ガイドなんて、可愛すぎる〜!
どの村もとってもフランスの田舎っぽくて、すっごく行きたくなってきたわ^^
こういう田舎だと猫ズも自由にお外に出られてのびのびできるんでしょうね。
美術館好きなお父さん、間に合わなくって残念でしたね。。またの機会に、是非!!
お父さんの帽子がとってもオシャレ♪
こういう風にさらっと着こなせる(かぶりこなせる?)のって素敵です。^^
2012年06月28日(Thu) 19:08
tsukikumoさん
編集
このちびくろすけは、私達に挨拶してくれたくらいで、
あとはずっと団体客から離れませんでしたよ(笑)
城壁の村の中は、車やバイクが入れないので、猫達も安心して
お外にいられるんでしょうね。
これらの村はニースなどの主要の町から近いところにあって、
バスや電車の交通の便が比較的いいので観光にはオススメです。
父は今までキャップばかり被っていたのですが、主人が去年この
ハンチングをプレゼントしてからハンチングが好きになったみたい。
年齢的にも、キャップよりハンチングの方がしっくり来ますよね。
2012年06月28日(Thu) 23:33
編集
うわ~またまた 素敵な町並み(^^*)
惚れ惚れしちゃう!
私もあの壁掛けほしい~でも 狭い庭には似合わないかしら・・・。
ブルーの木戸に白い石の壁 素敵(^^)
にゃんこも いるし♪お出かけ先で にゃんこに 会うと 嬉しくなっちゃう!!
ご両親も 喜ばれてるね~~~!
2012年06月29日(Fri) 07:01
花あじさいさん
編集
ハンドメイドの陶器の壁掛け、可愛いですよね。
せめてもう少し安かったらうちも買ったんだけどね。
花あじさいさんの綺麗なお庭にぴったりだと思うけど♪
木戸だの、ドアだの、外灯だの、視界に入る物一つ一つが
可愛くて感動しっぱなしでしたよ。
にゃんこがいる風景ってやっぱり和みますよね〜
観光していても特に母はすぐにバテてしまってましたが、
それでも来れて良かったって嬉しそうでした。
2012年06月29日(Fri) 23:23
編集
お疲れさまでした!
素敵な旅と思い出ができましたね!
ご両親が羨ましいです〜。
町並みもとっても可愛くて素敵な写真ですねぇ、癒されます♪
2012年07月06日(Fri) 13:27
C-Plusさん
編集
フランスはイギリスのお隣の国とは言え、
地形や街並みが全然違うし、見るもの
全てが新鮮だったよ。
両親にとっては歩く事も多くて体力的にキツかった
けれど、楽しんでもらえたみたいだし、一緒に行く事が
出来て良かったなって思ってるよ^^
2012年07月06日(Fri) 21:33












非公開コメントにする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。