TOPスポンサー広告 ≫ 日本から送ってもらった物TOP日常 ≫ 日本から送ってもらった物

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

日本から送ってもらった物

最近、母に頼んで送ってもらった物とは、、、

IMG_1584_convert_20120803172548.jpg

矯正箸です。

小さい頃からお箸の持ち方がちょっとおかしくて、最近になって主人によく注意されるので、

悔しくなって買いました(笑)

以前も友達夫婦と食事している時に注意され、食事そっちのけで特訓させられた事も。

その時は直っても、しばらくするとに元に戻っちゃう。

自分としては特に不自由はしてないのですが、見てる方はやはり気になるみたいです。

子供の頃は親に食事の度に注意されたけれど、結局この年齢まで治らず。。

最近は外国人でも正しく箸を使える人がたくさんいるし、やっぱり恥ずかしくなりますね。

この箸には指をあてるポイントごとに印がついてあり、その部分がくぼんでいて指をあて

やすくなっています。

IMG_1769_convert_20120803174510.jpg

ご丁寧に説明書きまであるので、さっそくマスターしてヤツを見返してやらねば。
スポンサーサイト
日常 | Comments (6) | Trackbacks (-)

Comment

編集
へぇこんな物があるのね!!
私も実はお箸の使い方があまり巧くなくって、今では夫の方が上手なくらい。。お外で食べるときに、明らかに私の方が日本人だから恥ずかしくって。(汗)
左利きだからっていつも言い訳してたけど、こっそりこんなので猛練習しようかしら〜。。

↓シャガールのステンドグラス、溜息がでるくらい素敵ですね。
彼の色彩や、人物像など、そこか悲しくってそれでいて暖かいのでかなり好きです。
悲しい出来事が元になっているけれど、心温まる結果になってその娘さんの両親も慰められたでしょうね☆


2012年08月04日(Sat) 04:54
編集
窪んでるのがあるのね〜〜
意識出来るし、気をつけていられそう。
私も間違って覚えて(勘違い?)20過ぎまで人差し指に中指を添えてた....
正しくなくても、ずっとそれで過ごしてると直し辛くなるんですよね。

↓シャガールのステンドグラスは幻想的で素敵だな。
2012年08月04日(Sat) 07:45
Tsukikumoさん
編集
Tsukikumoさんは左ききでしたか。
このお箸のパッケージには右きき用って記載があったので
左きき用もあるんだろうな。
ご主人様もお箸を正しく使いこなせるんですね。
私の知り合いのアメリカ人は何でもお箸を使うのが好きで、
ポテチなどのスナックを食べる時も袋に割り箸を突っ込んで上手に
食べてましたよ。

↓心に沁みわたる様な青が神秘的で、予想を遥かに超えて、
素晴らしかったです。シャガールはここ以外にもウェストサセックスの
チチェスターにある大聖堂、ニースのシャガール美術館、ランスの大聖堂、
ドイツのマインツ、エルサレムなどでもステンドグラスを手がけたそうなので、
もし機会があればいつか見に行きたいな〜。
2012年08月05日(Sun) 05:09
moguさん
編集
そう、長年のクセがついてしまっているので
意識していてもなかなか直りませんでしたー。
このお箸をさそっく使っていますが、慣れてないせいか指が
疲れます(汗)
でも軽いし窪みもついているので、慣れれば使いやすそうです。

↓手が届きそうな位置でじっくり見学する事が出来ました。
繊細な色彩が写真では伝わないのが残念ですが、言葉を失う程
美しかったですよ。
2012年08月05日(Sun) 05:34
編集
へえ〜こんなお箸があるんですね!
子供用の輪っかがついてる箸なら見た事あるけど。
実は私も持ちかたが変なんですよ〜。
お仲間ですね!(笑)
ひょっとしてkiwisodaさん、鉛筆も持ちかたが違う?(私はそうです)
日本人だからいつか直さなきゃと思いつつ、
今日まできてしまいました・・・・あはは。
2012年08月06日(Mon) 01:34
Queen Sashaさん
編集
Queen Sashaさんもお仲間でしたか〜(笑)
鉛筆の持ち方がおかしいからか、強く握るクセがあって
学生の時はたいして勉強もしないのに鉛筆タコだけは
出来やすかったです(汗)
私も子供の時から矯正箸とかでクセを直していれば良かったな〜。
今からじゃなかなか直りませんもんね。
2012年08月06日(Mon) 20:43












非公開コメントにする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。