TOPスポンサー広告 ≫ オートジャンブルとニューフォレスト国立公園TOPカントリーサイド ≫ オートジャンブルとニューフォレスト国立公園

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

オートジャンブルとニューフォレスト国立公園

先週の日曜日は主人の希望で国内最大級のオートジャンブルのイベントの為、

ロンドンから車で約2時間のハンプシャー州まで行ってきました。

このイベントは主にクラッシックカーやクラシックバイクの展示や販売、新古、中古、または

ガラクタの域に入る様なパーツ、関連商品を販売するそうで普段なかなか手に入らない

商品を求めて毎年3万人規模のオートマニアが集まるとか。

DSC_0389_convert_20120911185036.jpg

DSC_0331_convert_20120911185308.jpg

要は私の様な車やバイクに興味のない女子にとっては退屈するだけのイベント、、、

DSC_0304_convert_20120911185737.jpg

DSC_0367_convert_20120911185853.jpg

DSC_0301_convert_20120911191007.jpg

車には興味のない私でもキャンパーヴァンはやっぱり憧れ♪
IMG_2347_convert_20120911191138.jpg

隣の人は他のオジさん達の様に目をらんらんと輝かせていましたが、私はそろそろ飽きて

まいりました〜〜
DSC_0333_convert_20120911192610.jpg

こんなの買って帰る人っているの?
DSC_0369_convert_20120911192244.jpg

ヴィンテージ雑貨を置いているお店がいくつかあって、そういうところは私も楽しめましたが。
DSC_0386_convert_20120911193413.jpg

ヴィンテージのオイル缶やエナメルのサインプレートなども人気があるらしく、おどろく

様な高値がつけられてた物も。

DSC_0338_convert_20120911194116.jpg

DSC_0336_convert_20120911194733.jpg

パーツなどは欲しい物が見つからなかった主人、ヴィンテージのエナメルのサインプレート

2枚を購入してこのイベントは終了。。。

その日は、夕方から近所に住む知人にホームパーティーに呼んで頂いていたので

早めにロンドンへ引き上げなければなりませんでしたが、せっかくハンプシャーまで来たの

でイベント会場近くにあるニューフォレスト国立公園にちょこっと寄ってみました。

広大な国立公園はストーンヘンジのあるウィルトシャー州とドーセット州にまたがっています。

こちらの国立公園も去年のキャンプで行ったダートムーア国立公園や先日のアッシュダウン

フォーレストの様にヒースがはびこる荒涼とした荒原。

自然保護区なので野生の馬が我がもの顔で道路を横切ります。

IMG_2360_convert_20120911200721.jpg

IMG_2367_convert_20120911204818.jpg


IMG_2364_convert_20120911201624.jpg

そばには小さい湖があってたくさんの人がピクニックに訪れていました。

この公園内には馬達を脅かすものはいないので、馬達も人が近くにいてもリラックスした表情で

草を歯んでいました。

この公園内には民家もあるので、庭先に馬がひょっこり現れるって事もあるのかな〜?

周辺にはキャンプ場が多く、下見を兼ねて寄ってみました。

キャンプ場のスタッフに許可をもらい、車で場内を1周させてもらいました。

すると、、、、
IMG_2374_convert_20120911203322.jpg

なんとキャンプ場の中にも野生の馬が、、、

馬達のそばには普通にキャンピングカーやテントが貼られていて、ビックリ!!

IMG_2380_convert_20120911203809.jpg

同じ敷地内でのんびり日向ぼっこする牛さん達

こんな大自然の中でキャンプをした事はまだないので想像するだけでもワクワクしてきます。

来年は絶対ここでキャンプするぞ〜〜

ちっとも野生じゃないしまねこ
IMG_2302_convert_20120909021750.jpg

スポンサーサイト

Comment

編集
ずっと向こうの方までテントが見える!
車好きにはたまらないけど、興味がないとちょっと流して
見るだけで満足出来そう(笑)
野生の馬がこんなに近くを歩いてるんですね〜
保護区内だから安全だものね。
2012年09月11日(Tue) 23:14
編集
きっとクラシックカーに興味のある人は楽しいんでしょうね~。本場ですものね~♪

野生の馬がいるなんて、本当にすごい!車にひかれないか心配だけど、やっぱり自然が守られているんですね。
2012年09月12日(Wed) 16:54
moguさん
編集
広い会場にびっしりとストゥールが並んでかなり
大規模なイベントでしたよ。
車好きのご主人の付き合いで来ていた様な奥さん達は
たいてい退屈そうだったな〜(笑)

国立公園に来ていた人は観光客よりも地元の人が多かったのか、
馬が道路へ出て来てもあたり前の事の様に無反応。。
興奮しながらバシバシ写真を撮っていたのは私達くらいでした(汗)
2012年09月12日(Wed) 22:05
編集
すごい、広い会場にたくさんのテントですね。
kiwisodaさんのご主人は何か買われたかな?
うちの主人もこれ見たら目の色を変えると思います。車もガラクタも好きなので。
教えないことにしよう。でもそのうち自分で情報見つけちゃうかな〜。
野生の馬、たくさんいるんですね。驚きました。
人と仲良しになってペットになってしまうなんてことはあるのでしょうか。
2012年09月12日(Wed) 22:06
あにももさん
編集
クラシックカーやバイクのマニアのオジさん達は夢中になって
車体の写真を撮ったり、店ではパーツを探したりしてましたね。

去年行った国立公園では野生の羊が保護区の道路を占領してましたが、
馬はやっぱり迫力がありましたよ。
馬も車には慣れている様子で、車の方が道を譲ってくれるってわかってるみたい(笑)
2012年09月12日(Wed) 22:20
編集
私の兄や弟も車や自転車をいじるのが大好きで、こうゆうのを見たら喜びそうです^^;
母や私の冷たい視線にも拘らず実家はガレージ状態ですよ~-"-;

野生のお馬さん、人や車をぜんぜん怖がらないんですね~!
女子としてはこうゆう風景を眺めるほうがいいですね^^
2012年09月12日(Wed) 22:32
タビーさん
編集
さすが3万人規模のイベントだけあって出店数がすごくて
全部は回りきれませんでした。
ご主人様もこういうイベント好きそうですか?
一緒に行ってもタビーさんが車に興味がないなら、私と一緒で
退屈してしまうかも(笑)
結局うちは、車やバイク関連の商品は予算が合わなかった様で、
ヴィンテージのタバコやオイルの広告看板みたいなのを買いましたよ。

ここの馬はほとんど群れで行動してるみたいで、あまり単独で人に
寄ってこないみたいです。
懐いてくれたら可愛いのにね〜
2012年09月13日(Thu) 03:03
Juno☆さん
編集
確かお兄さん?でしたっけJunoさんのお家の車を直してくれたって
以前のブログで拝見したのを覚えています。
日本も車好きが多いからこういうイベントが盛んだろうな。
 
私もここの馬達が人間や車が通っても動じない様子に驚きました。
そうそう、車やバイクよりもこんな景色を見て癒されたいですね。
2012年09月13日(Thu) 03:37
編集
へ〜こんなイベントがあるんですね!
車好きにはたまらないだろうけど、
かなりマニアックなイベントですよね。
付き添いご苦労様でした(笑)
この馬さん達は野生なんだ!
野生の馬さんとキャンピングなんて滅多に出来ない体験ですよね。
しまねこなくろすけくん、気持ち良さそうに日向ぼっこしてますね♪
2012年09月13日(Thu) 13:53
編集
あららくろすけくんがしまねこに!それもかわいいな〜☆

私も車とかに興味はないんですけれど、オールドファッションなキャンパーヴァンは、ユーモラスなフォームに見惚れちゃいましたー!
夫の叔父は、自分で部品とか揃えてクラシックカーを作ったりするのが趣味なんで、このフェアーにも行ってた可能性高いですー。^^

野生の馬の群れ、威厳がありますね。こんなところでキャンプは素敵だろうな〜
2012年09月13日(Thu) 18:55
Queen Sashaさん
編集
こんなの売っていいの?っていうくらい
サビだらけのジャンクもたくさんあって、
私にはまったく理解不能でした。
主人が次回また行きたがっても、私はパスしますよ〜。
国立公園内のキャンプ場とは言え、ここまで
馬さん達が出没しているとは思いませんでした。
ホントに人間を警戒してないらしい、、、
気温は20度前後なのですが、陽当たりがよくてあたたかい
ので、いつも昼間はしましまねこになってます。
2012年09月14日(Fri) 03:55
Tsukikumoさん
編集
たまにはくろすけもイメチェンしたくなるのかしら(笑)
VWのキャンパーヴァンは色といい、形といい女子ウケしますよね♪
叔父さまご自分で車を組み立てちゃうなんてスゴいですね〜〜。
クラシックカーの部品などは普通の店じゃもう売ってないだろうから、
マニアの人達はこういうイベントを毎回楽しみにしてるんでしょうね。

こんなキャンプ場でキャンプしたら自然の醍醐味を十分味わえそうですね。
2012年09月14日(Fri) 04:23












非公開コメントにする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。