TOPスポンサー広告 ≫ 秋のコッツウォルズ丘陵地帯を行く 後編TOPカントリーサイド ≫ 秋のコッツウォルズ丘陵地帯を行く 後編

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

秋のコッツウォルズ丘陵地帯を行く 後編

くろすけさんの目の上に気になる出来物を発見!!

数日前、目に異物が入った様に目を細めてしきりに手で目の辺りを気にしていたので、

どうしたのかなって心配していたのですが、数時間後にはそんな仕草もなくなったので、

安心してました。

昨日、昼寝しているくろすけの顔を見ると目の上の方に小さな赤い出来物があって、

周りが少し腫れています。

掻いてしまったのか、毛も薄くなってるし、、

本にゃんは数日前の様に気にしてる様子はなく、元気も食欲もあるんだけど。

あと1日様子を見て、腫れが引かないようなら病院へ連れて行かなきゃな。


さて、先日の続きです。

コッツウォルズ地方の観光スポット、ボートン・オン・ザ・ウォーターに到着しました。

DSC_0046_convert_20121116214221.jpg

DSC_0051_convert_20121116215024.jpg

IMG_2413_convert_20121116215714.jpg

村の中心をウィンドラッシュ川が流れ、低い石橋が架かった絵の様に美しい村です。

ここは日本人向けのバスツアーのコースにも含まれているので、たくさんの日本人観光客が

川沿いのレストランやカフェでランチをとっていました。

IMG_2411_convert_20121116220330.jpg

可愛らしいティールームもありますよ〜♪

私達は川沿いのパブで、主人はフィッシュ&チップス、私はフイッシュケーキ(コロッケみたいな料理)

をオーダー。

パブ飯のランチメニューなので、それなりでしたが、、、

食後に住宅街を散策、

IMG_2404_convert_20121116221535.jpg

観光客が多いから、どの家も競う様にガーデニングに力を入れてます(笑)

まだ時間が早いので、ここからまた違う町へ移動する事に。


途中、出会った風景

IMG_2419_convert_20121116222601.jpg

IMG_2425_convert_20121116223118.jpg
教会の敷地内にも羊、、(笑)

DSC_0107_convert_20121116230038.jpg

コッツウォルズ丘陵地帯は、どの季節に訪れても落胆する事なく、素晴らしい風景を見る事が

出来ます。

次の目的地、ウィンチクームの町に到着。

DSC_0077_convert_20121116230349.jpg

DSC_0093_convert_20121116230808.jpg

通りにはホテルやパブ、ティールームなどが並び、
DSC_0083_convert_20121116230639.jpg

入ってみたくなる様なアンティークショップもたくさんありました。
DSC_0082_convert_20121116230507.jpg

この町には、ヘンリー8世の未亡人、キャサリン・パーが暮らし、埋葬されたという

サドリー城があります。

とても美しいお城だそうですが、入場料を支払わないといけないので断念(12ポンドは高い!)
DSC_0100_convert_20121116232042.jpg
お城を遠くからでも見たかったけど、残念ながら見る事ができませんでした。

なごり惜しいけど陽も傾いてきたし、そろそろ帰路につかねば。。。
DSC_0097_convert_20121116231657.jpg

コッツウォルズの丘陵地帯は広いので、1日では全部の村は回りきれません。

来年、暖かくなったら可愛い昔風のB&Bにでも泊まって、ゆっくり観光するのもいいな〜。

DSC_0102_convert_20121117000047.jpg
スポンサーサイト

Comment

No title
編集
まってました!
すてきすてき~v-238来年行くことに決まったので、楽しみで仕方ありません!
あああ、ここでお茶したい!
こういうところのアンティークショップは、郊外だから安いのか、観光地だから高いのか、どっちなのでしょうか?
私の行く5~6月はきっとバラも咲いてますね
こちらは、もう雪が降ってくる時期ですが、
心の中は春のロンドンでいっぱいです!

2012年11月17日(Sat) 15:55
No title
編集
コッツウォルズ、懐かしい〜〜!
行ったのはもう20年近く前。
まだ、日本人にはまったく知られていない頃だったけど、今はそんなに多いのね。
コッツウォルズのその通りのお店で夫のカーディガンを買って、翌日、工事中の大聖堂で糸を引っ掛けてしまった思い出が(笑)。
その橋の上でも写真を撮ったわ。
懐かしい記憶を思い出させてくれて、ありがとう。
夫の両親の友達が退職後にコッツウォルズに越したけど、私もイギリスで暮らすならコッツウォルズ!と思ったわ。
なだらかな丘陵も本当にイギリスらしい光景!!!

くろすけ、良くなったかな?
2012年11月17日(Sat) 21:59
LilyCafe**Yuriさん
編集
コッツウォルズ地方には可愛いティールームもたくさん
あります。
私の両親達も毎年5月の終わりから6月上旬の日程で、
こちらに来てました。
そうそう、バラが咲き始める頃で、ガーデンなども綺麗でしたよ
(今年は悪天候で開花が遅れたけど)

ロンドンも郊外のアンティークショップもあまり値段には大差はないかも。
郊外のアンティークショップだとご年配の方が好みそうな高価な物ばかり
セレクトしているところも多いです。
ロンドンからそう遠くないKempton Park(ケンプトンパーク)の競馬場で
毎月、第2火曜日と最終週の火曜日に開催される Sunbury Antiques Market
(サンバリー・アンティーク・マーケット)はかなり規模が大きいですよ。
もし、ツアー旅行であれば行くのは無理かと思いますが、個人旅行で日程に
余裕があれば、ぜひ行かれるのをオススメします(日本人がブログなどで紹介しているかも)
出店数がハンバないので、もしお気に入りが見つからなくても目の保養だけで、
十分楽しめると思います。
日本人のバイヤーや在英日本人の方もたくさん来てますよ。

北海道はもう雪が降っているんですね。
もし、観光について質問などあったら調べますので気軽におしゃって下さいね♪
2012年11月18日(Sun) 04:24
愛されている妻さん
編集
きっとコッツウォルズなら20年前と街並が変わってないかもしれませんね。
ここ最近、日本のテレビや旅行雑誌などでも取り上げられてるせいか、毎日の
様にコッツウォルズ方面へ行く観光バスが出てる様です。
あらら、せっかく買われたセーターだったのに、これは忘れられないかも。
リタイア後はコッツウォルズで生活なんて、素敵な妻さんご夫婦達らしくて
いいかも〜♡
コッツウォルズ地方は物件が高いだろうって思っていたんですが、
今回、不動産屋を覗いてびっくり!!
意外と安かったんです。
空港から遠いからかな〜。

まだ目の上の腫れはだいぶひいて目立たなくなりました。
数日前に足の爪に抜けた毛が挟まってたから、
目の辺りを足で掻いてて、咎めたのかな?
2012年11月18日(Sun) 05:01
No title
編集
くろすけ君、ニキビかしら.....
早く良くなります様に!

村の中を流れる小川、素敵だわ.....
ここに腰掛けてボンヤリ1日を過ごしたい.....
1軒1軒が本当に可愛いな〜
小さな村だとしても、通り過ぎるだけは勿体無いから
コッツウェルズだけを回る旅がしたいな。

イルミネーションが始まったんですね〜
賑やかなエリアが集中してるから、美しく映えるのかも。
こちらはそんな場所もないから、せいぜいツリーを
見て回る....にしても移動が大変(笑)
2012年11月18日(Sun) 09:09
No title
編集
目の上の腫れはひいたのですが、まだ出来物は消えてなかったので、
今日、くろを病院へ連れて行きました。
先生の診断では、ストレスが原因の出来物らしく、ガンなどの疑いはない
との事。
軟膏薬をもらってきました。

ウィンドラッシュ川の水がとても澄んでいて、綺麗なんですよ。
鴨などの水鳥が泳いでいて、それを芝生の上に座って眺めたり、
カフェでお茶を楽しんだりとゆっくりとした時間を過せます。
コッツウォルズにはB&Bがたくさんあるから、可愛い宿に泊まる
のも楽しみですよね♪

アメリカは個人宅の前庭などのクリスマスデコレーションに力を
入れてますよね。
ロンドンの繁華街のクリスマスイルミも不景気が影響しているのか、
ストリートに寄っては毎年同じデコレーションを使い回ししてる様です。
2012年11月20日(Tue) 00:58












非公開コメントにする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。