TOPスポンサー広告 ≫ WEALD&DOWNLAND OPEN AIR MUSEUM クリスマスマーケットTOPマーケット ≫ WEALD&DOWNLAND OPEN AIR MUSEUM クリスマスマーケット

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

WEALD&DOWNLAND OPEN AIR MUSEUM クリスマスマーケット

イギリスではこの時期になると、各地で大小さまざまなクリスマスマーケット

が開かれます。

先週の日曜日に、ウェストサセックス州のチチェスターにあるWEALD&DOWNLAND

AIR MUSEUMで開催されたクリスマスマーケットへ出かけて来ました。

このミュージアムはイギリス南部の農村のチューダーやヴィクトリアン時代の歴史的

建造物を移築して集めた野外ミュージアムで、約50にも上る建物や当時の生活道具などが

展示されています。

DSC_0049_convert_20121125033549.jpg

DSC_0055_convert_20121125034751.jpg

DSC_0171_convert_20121125035145.jpg


DSC_0174_convert_20121125035404.jpg

DSC_0176_convert_20121125035630.jpg

水車小屋
DSC_0120_convert_20121125051357.jpg

2階部分に挽き臼があって、ここで粉が挽かれ、
DSC_0129_convert_20121125051457.jpg

1階部分でおじちゃん達が袋詰め
DSC_0127_convert_20121125052333.jpg
注)蝋人形ではありません(笑)

袋詰めされた粉はこの小屋で販売されています。

こちらは鍛冶屋小屋
DSC_0109_convert_20121125052850.jpg

DSC_0100_convert_20121125053326.jpg
このおじさんが作った工具やインテリア商品を購入する事もできます。


そろそろ、クリスマスマーケットの様子を紹介しなきゃ。

DSC_0090_convert_20121125054929.jpg

人気の馬車も今日はクリスマス仕様
DSC_0216_convert_20121125040124.jpg

クリスマスギフト商品、クラフト製品、屋台フードなどいろんなストゥールが並び、

規模は小さいマーケットでしたが、たくさんの人で賑わっていました。

DSC_0116_convert_20121125043910.jpg

DSC_0098_convert_20121125042457.jpg

ストゥールは屋外だけでなく展示されているそれぞれの建造物内にも。

DSC_0135_convert_20121125050829.jpg

DSC_0091_convert_20121125041327.jpg

ずいぶん小柄なトナカイだなって思ったら、、

DSC_0077_convert_20121125043028.jpg

DSC_0076_convert_20121125043353.jpg
可愛らしいドンキー君達でした〜(笑)

とっても大人しい子達で、私も撫でさせてもらいましたよ♪

ストゥールは敷地内のあちこちに点在していたのですが、一番ストゥールの出店数が多かったホール

へ。

まるで大きな模型の様なこの建物は建築学会賞を受賞したそうです。

DSC_0144_convert_20121125045358.jpg

ホールにはたくさんお店はあったけど、欲しいものは見つからず、、、


*本日の戦利品*

ウォーターミルで挽いた全粒粉とその粉で作ったビスケット(サックサクで美味しかった♡)

アンティークのじょうろ
DSC_0121_convert_20121125054043.jpg

スポンサーサイト
マーケット | Comments (10) | Trackbacks (-)

Comment

No title
編集
書いてなかったら、蝋人形と思うところでした(笑)
緑の芝生がまだあるんですね~
ドンキー可愛い!!私なら、ジャム買っちゃってるな(笑)
お天気も良くてよかったですね♪
こちらは銀世界になりつつあります。札幌はドイツのミュンヘンと姉妹都市なので、
来週からミュンヘンクリスマス市がはじまります☆
2012年11月25日(Sun) 08:29
No title
編集
わたしも説明を読む前に袋詰めしてるおじいちゃんが蝋人形に見えました。
おしゃれをしたロバ君が可愛いですね。
クリスマスマーケットいいなあ。こういう田舎の雰囲気がヨーロッパらしくて素敵です。
2012年11月25日(Sun) 21:24
Yuriさん
編集
真にするとオジさんが人形っぽく見えて、自分でもびっくり(笑)
ドンキー君、背中にたくさんのプレゼントをしょってましたよ。
最近、ずっと雨と曇りばかりで、久々にお天気に恵まれた1日でした。
そうそう、日本と違ってこちらの芝はこの時期でも枯れずに青々としてる
ところが多いです。
札幌はもう雪ですか〜?
クリスマスマーケットと言えば、ドイツですものね。
ミュンヘンクリスマス市も楽しそうですね♪
2012年11月26日(Mon) 03:08
タビーさん
編集
このおじいちゃんは一応生身の人間でした(笑)
ロバ君の頭につけた飾りが可愛いですよね♡
どこのクリスマスマーケットも似たりよったりなのですが、
ここは規模は小さいけど、昔風の田舎のクリスマスの
雰囲気が味わえて、とても新鮮でした。
2012年11月26日(Mon) 03:24
No title
編集
素朴な感じのクリスマスマーケットですね。なんだかとっても良い感じ♪

ミュージーアムの様子、じーんとしちゃいました。日本もイギリスも昔はこうやって素朴に暮らしていたんですね。粉屋さんとか鍛冶屋さんとか作っているところも見られて、できた商品も買えるなんていうところもいいなぁ。

そうそう、いっぱい物はあるのに、どうしても買おうと思わない時ってあります(^0^)
2012年11月26日(Mon) 11:16
あにももさん
編集
ここのクリスマスの飾りは、昔の風習にこだわってヒイラギの枝にオレンジを
輪切りにして軒下に吊るすだけのシンプルなものしかなく、電飾などで
ハデに飾りたてるよりも温かみがあっていいなと思いました。
このミュージアムでは中世時代の衣装を来たスタッフが、その当時の生活を
再現して、毛糸を紡いだり昔の料理を作ったりするプログラムもあるそうですよ。

今回はクリスマスマーケットのストゥール巡りよりも、昔の建物や展示品を
見てる方が断然おもしろかったです^^
2012年11月27日(Tue) 00:21
No title
編集
リアルな人形と思ったら、オジさん達は本物なんですね(笑)
当時の生活を実際に見られるのは面白いですね〜
タイムスリップしたみたい!
2012年11月27日(Tue) 08:53
moguさん
編集
オジさんの写真に注意書きを載せておいてよかったわ(笑)
そう、まさにタイムスリップ!!
こういうミュージアムってロンドンにはないし、とても興味
深かったです。
この時はタイミングが悪く、デモンストレーションは見れなかった
ので、また近い内に見学に来たいな〜。
2012年11月27日(Tue) 22:35
No title
編集
お〜素敵なところですね!!
伝統的な水車で挽いた粉を売ってるって素晴らしいですね〜
こんなところでマーケットとかやってたらついいろいろ買い込んでしまいそう♪

そうそうシュトゥットガルトのクリスマスマーケットも今日から始まります☆
いよいよクリスマスだな〜〜^^
2012年11月28日(Wed) 19:06
Tsukikumoさん
編集
ここで買った粉はまだ自宅で使っていないのですが、この粉で
作ったというクッキーがとても美味しかったので、期待しています。
マーケットではクリスマス関連商品はもちろん地元産の食品に
いたるまでなんでもありましたよ。

一度、本場ドイツのクリスマスマーケットに行ってみたいと
思ってるんですよね〜。
もし行かれたら、ぜひブログで紹介して下さいね♪
2012年11月29日(Thu) 05:25












非公開コメントにする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。