TOPスポンサー広告 ≫ Afriston Clergy House アフリストンの牧師館TOPナショナルトラスト ≫ Afriston Clergy House アフリストンの牧師館

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

Afriston Clergy House アフリストンの牧師館



主人が休みだった今週の月曜日、くろすけとくろすけお気に入りのネズミ君に留守番を頼んで、

またナショナルトラストへ行ってきました。

今回訪れるのはナショナルトラストが1895年に設立され、最初に登録された歴史的建造物です。

その建物、アフリストンの牧師館はイーストサセックスの小さな村アフリストンにありました。

fc2blog_201309060133088da.jpg

11_alfriston.jpg
こちらはお借りした画像

14世紀に建てられた古民家は長年牧師館として使用されていたそうですが、ある時から長い間

使われずに放置されており、建て壊す話もあったそうですが、歴史的に価値のある建物なので

村人の強い希望からナショナルトラストが1896年に£10で購入したそうです。

ただし、萱葺き屋根などの修繕費が£350もかかると言う事で、ナショナルトラストの

創立者の一人が新聞に寄付を募る広告を出したところ、かなりの賛同者から修繕費を

集める事ができたとか。。

コスモスに囲まれたドアがいい雰囲気〜
fc2blog_20130906010805151.jpg

fc2blog_20130906013213a1d.jpg

建物の内部 2階建てですが、公開されていたのは1階部分のみ
fc2blog_2013090601072909b.jpg

建物の裏側には小さなガーデンがありましたが、写真で紹介するまでもないかな。

早々にこの牧師館を後にして、少しこのあたりを散策してみる事に、、、

fc2blog_201309060145087e9.jpg
チューダー様式の古い町並みもいいけれど、、、

やっぱり天気がいいので、フットパスを歩いてみる事に
fc2blog_20130906010857307.jpg

ところどころに牛のウンチョスと遭遇しましたが、、、

気温22度くらいの中、のどかな景色を眺めて、心地よい風に吹かれながら歩くのは

最高に気持ちいいんです。
fc2blog_20130906010929a68.jpg

fc2<br />blog_201309060109572db.jpg

遠くに見える教会の裏にはさきほどのナショナルトラストの牧師館があります。
fc2blog_20130906011019144.jpg

こんな風景を楽しみながら毎日散歩できたら、なんて幸せだろうな〜(くろを連れてね)
fc2blog_20130906011056d4c.jpg

fc2blog_20130906011247c6a.jpg


あー、ここに住みたい!!

年齢のせいか何かとストレスの多いロンドンにいると、週に1度でもこんな所に来てチャージ

しないともたない気がします。
スポンサーサイト

Comment

No title
編集
あ〜
可愛いな〜〜
維持するのはとっても大変なのは解ってるけど、こんな
お家に街に住んでみたい!
ゆっくりお散歩するのにもステキな雰囲気ですよね〜
2013年09月06日(Fri) 07:25
No title
編集
うんー、くろちゃんリード付けて一緒にお出かけは難しそうですか?
14世紀の建物、手作りの暖かい感じでやっぱりいいもんですね。
壊されずに村の人達の力で保存されてラッキーです。
なんか、わたしイギリスにいたら、ロンドンとこんなカントリーサイドの二重生活したくなりそう!(でも、自分にとっては、これも宝くじが当たらなくては~・笑)
むやむやがたまったら、やっぱり綺麗な景色見たくなります。
2013年09月06日(Fri) 20:33
moguさん
編集
古い家ってそれなりに維持費が大変らしいけど、
やっぱりこういう家に惹かれちゃうんですよね。
ロンドンは公園さえも人でいっぱいだし、誰も
いない田舎道をウォーキングしていると、
とっても贅沢な気分になります。
特に何もない小さな村こそ、実はとっても魅力があるんですよね。
2013年09月07日(Sat) 07:52
ミッキー.さん
編集
ルディちゃんの様に、子猫の時からリードに慣れさせないと
一緒にお散歩するのは無理でしょうね。
そう、牧師館を見学していて長年たくさんの人達に愛されてきた
ぬくもりが伝わってきました。
ロンドンを出て田舎に引っ越したいけれど、ミッキーさんの言う
2重生活でもいいですよね、って私も実現できるにはほど遠いですけれど。
アイルランドもちょっと車を走らせれば綺麗なところがたくさんあって
いいな〜。
2013年09月07日(Sat) 08:24
No title
編集
お留守番くろちゃんの右手がかわいすぎマスヨ~
コスモスに囲まれたドアが!ドアがすっごく好きデス~
フットパスのんびり歩くのは本当にいいですね~
私も一度歩いてみたいと思っておりましたが…
なんだか一緒にお散歩させてもらったかのように癒されました~
小川の上を渡る白い木の橋・・・
遠くに見えるとんがり屋根の教会・・・
はあ~エプロンドレスを着て、藤で編んだ籠にいっぱい野の花を入れて
走ってお家に帰りたい・・・・
って!!!おいおい!!!妄想が過ぎているようでゴザイマスヨ~
しかし、そんな女の子が走り出てきそうな風景デスネ!!!
2013年09月08日(Sun) 16:41
こんばんは♪
編集
すてきなカントリーサイドですね♡
レトロな町並みも素敵!
都心勤めにちょっぴり疲れてる私も住んでみたい!!

くろすけちゃん、ねずみ君、お留守番お疲れ様~^^

2013年09月08日(Sun) 19:34
しまりすさん
編集
このくろすけのポーズは本人もお気に入りの様です(笑)
のどかな景色以外何もないけれど、ロンドンでウォーキング
するのとでは楽しさが全く違んですよ。
わかる、わかる!!
私もフットパスを歩きながら、赤毛のアンに出てきそうな風景
だなって思っていましたよ。
縁があったのかこの散歩の帰りに立ち寄った古本屋で古い
赤毛のアンの本を見つけて、思わず買ってしまいましたよ(笑)
2013年09月08日(Sun) 23:31
Juno0428さん
編集
休日くらいは都心から脱出して、リフレッシュする事も必要ですよね。
イギリスはガイドブックにも紹介されていない小さな村とかの方が、
素敵だったりします。
くろすけがちゃんとお留守番してくれるから出かけられるんだもの
感謝しなきゃな。
2013年09月09日(Mon) 05:35
No title
編集
今日帰国しました。イギリスのいなかの景色はほっとしますね。
どこを見ても緑、小川に果物のなった木、小さな花、ひつじ。
スコットランドの景色もこんな感じでした。
主人もこんなところに住んでみたいと言ってました。
留守番くろすけはおりこうさんですね。
2013年09月12日(Thu) 21:14
タビーさん
編集
お帰りなさ〜い!
スコットランドではのんびりされましたでしょうか?
ご主人様もスコットランド気に入られた様ですね^^
ちなみに同僚のスコットランド人が言うには家とか
イギリスに比べてだいぶ安いみたいですよ。
くろすけもお庭のある家でくらしたいみたいだし、
我が家も田舎暮らしが夢です。
2013年09月13日(Fri) 00:23












非公開コメントにする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。