TOPスポンサー広告 ≫ Ham House ハムハウスTOPナショナルトラスト ≫ Ham House ハムハウス

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

Ham House ハムハウス

私達の週末のお楽しみ、カーブーツセール
fc2blog_201309101919025cb.jpg

fc2blog_20130910191818944.jpg

今回はここで衝撃的な出会いがありました!!(ちと、オーバーだけど)


まずはカーブーツセールの後に行ったナショナルトラストの紹介から。

今回出かけたのは多くのセレブが居を構える、リッチモンド界隈にあるハムハウス。

近くにはテムズ川も流れています。

fc2blog_2013091020101992c.jpg

この建物は1610年にジェームス1世の宮廷裁判官の為に建てられ、17世紀の特徴を

残す貴重な歴史的建造物だそうです。

館内の見学も出来ますが、見学ができる午後12時まで時間が少しあったのでまずは

庭を見学しました。

fc2blog_2013091019214844c.jpg
綺麗に刈られた木の間に植えられているのはラベンダー

fc2blog_201309101920497d1.jpg

ベジタブルガーデンがあり、新鮮な採りたて野菜を出すカフェレストランもあります。

さて、12時になったのでさっそく邸宅内を見学する事に。

こちらが正面玄関
fc2blog_20130910192021c15.jpg

豪華な赤煉瓦作りの建物は映画やドラマの撮影のロケ地としても利用されているそうですよ。

fc2blog_201309101924549cb.jpg
歴代の所用者達の胸像

撮影禁止なので残念だったのですが、邸宅内は年代物の家具や調度品、豪華なタペストリー

などが展示されており、公開されている部屋も結構あって十分な見応え。

あと一つ言い忘れましたが、この館には出るんです。。。

イギリスはホーンテッドハウスがたくさんありますが、その中でもハムハウスは最も有名で、

以前あの江原さんも特番でいらしゃったとか。

夫に裏切られながらも生涯にわたってこの館で夫を待ち続けたマーガレットと言う女性や、

この館を愛してやまなかった女主人エリザベス、孤独な車椅子の老紳士と車いすを押す

その召使いなど、この館には未だにたくさんの目撃談があるそうです。

そう思うと廊下や部屋にかけられた、たくさんの肖像画がちょっと不気味な気もしてきます。

霊感などまったくない私達でさえ、礼拝室に入った時に二人同時に感じた重た〜い空気は

いったいなんだったんだろう。。(その部屋にも出るという噂ですが)

でも相変わらずナショナルトラストのボランティアの方々の対応はどの方も明るく、

各部屋の説明をしてくれてもそんなゴースト話は一切出なかったので、ちょっと拍子ぬけ

しましたが。


さて、カーブーツセールでの出会いとは、、

fc2blog_20130910191741dab.jpg
ヴィンテージ、シュタイフのトラ猫ちゃん

ガラス製のお目目がチャームポイント♡

fc2blog_20130910191717971.jpg
くろすけがしっかり子育てしてくれています(笑)
スポンサーサイト

Comment

No title
編集
歴史ある建物には人の歴史も.....
明るい日差しを浴びてる建物だけど、内部はそう言った意味で
明るくないんですね(笑)
随分広そうだけど、一人にはなりたくない〜〜
シュタイフのトラネコちゃん!
くろすけ君はイカ耳でちょっとヤキモチかしら?
2013年09月11日(Wed) 07:32
moguさん
編集
イギリスには何百年前の建物がたくさん残されているので、
こういう話の1つや2つは結構あるみたいですね。
またこの国ではいわくつきの建物の方が価値があるようだし(笑)
いくらゴージャスな貴族のお屋敷だかと言っても、絶対一人では
いたくないですね〜。
気がつかなかったけどたしかにくろすけ、イカ耳になってますね(笑)
ライバルが増えたとか思ってるのかも。
2013年09月11日(Wed) 23:34












非公開コメントにする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。