TOPスポンサー広告 ≫ 引っ越し前のトラブルTOP家探し ≫ 引っ越し前のトラブル

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

引っ越し前のトラブル

買った家は、新築なのに修理が必要な箇所がいくつも見つかって怒りまくって

いた私。

土曜日に鍵を受け取り、日曜日の早朝から主人と一緒に掃除がてら新居に出向くと

まず玄関の鍵が開いています。

「いくら、オートロックの建物だと言え、不用心だな」って思いながら、

一応鍵の閉め方など覚えておこうと思い、鍵を差し込んでみると

鍵が回りません。主人が検証してみるとそのドアはレバーをあげて

鍵をかけるタイプのドアなのですが、いくらレバーをあげて

鍵を回しても、レバーを下げれば開いてしまい、ロックできません。

だから、鍵が開けっ放しだったのかーってふむふむって冗談じゃない!!


鍵をなんとかかけようと15分位は格闘していましたが、かからないので

とりあえず諦め、部屋をチェックして回ってみると、納戸と共用になっている

ボイラーのタンクのパイプから水がもれていて、敷いてあったカーペットが濡れて、

カビも少し生えていました。。マジ、信じられない

そして、給湯のお湯も出ませんでした。

キーッ!!

さらにベッドルームとバルコニーの窓を開けるには鍵が必要なのですが、

一つのベッドルームの鍵がやっぱり開けようとしても、いくら頑張っても開きません!!

手続きが終わるまでに、時間がかかり、更に新居に入れてもこんな状態。。。

家を引き渡す前に、なんでちゃんと欠陥がないか確認しないんだと

基本的、常識的な事さえ、通らないこの国がホントに大嫌いになりました。

すぐにでも不動産会社にクレームしたい気持ちでいっぱいでしたが、日曜日なので

1日待たなくてはなりません。

それにしても、引っ越しを来週に延ばしておいて助かった~って感じ。

鍵がかからないまま新居を後にし、次の日に不動産会社のメンテナンス部に

問題の箇所を報告すると、鍵については「ちゃんと鍵の掛け方知ってるのか?

もし、人を行かせて何の問題もなければその分を請求する」と言われたそうです。

「こちらは鍵の掛け方なんて誰も教えてくれなかった」と主人も反論しましたが、

「誰かを行かせて対応はするが、その前にもう一度鍵がかからないか確かめて欲しい」

と言われ、また新居へ。

いくら試してみても同じなので、その場でまた報告。

水漏れも少量ではありますが、まだポタポタしていたので、主人がよくタンクを見ると

部品にこげた後が、カバーを取ってみると配線がショートしていました。

これって、爆発の恐れだってあったかもしれないって事??

私は怒りまくって、悪態ついていましたが、主人は基本平和主義者なのか、いい加減な

イギリス人の対応に洗脳されてしまったのか、「取りあえず、修理にくるんだからもう

怒ったって仕方ないよ。この国では、お客の立場になって考えるなんてないん

だから。早く見つかって良かったよ。」って。そんな主人にも、もちろん

ムカッ!!

午後になって、私達が外出していると、玄関の鍵の修理の人から連絡があって

新居に着いたとの事。すぐには、戻れないところにいたので、そのまま見て欲しいと

お願いして、用事が済んでからまた新居へ。

行ってみると、ちゃんと鍵がかかっていて、手持ちの鍵で開ける事が出来ました。

とりあえず、ホッ。。。

しばらくすると、水漏れ修理の業者から火曜日に修理に来ると連絡があり、主人は

仕事なので、私が対応する事になりました。

とにかく怒りをぶちまけてやろうと、ワナワナしているところに、配管工が登場。

このお兄さんのなまりが、あまりにもヒドくて、聞き取るだけで必死!!な自分。。

相手が何を言ってるのかさっぱりわからず、調子が狂って、結局言葉が出て

来なくなっちゃって、あえなく 撃沈~(泣)

でも悪いのは、このお兄さんでもないし、怒りをぶつける相手は不動産会社

なんですよね~。

修理も無事終わって、水漏れが止まり、お湯も出る様になりました。

他にも、ペンキの飛び跳ねのあとやら、壁のキズなど気に入らない箇所は

たくさんあるけど、日本の様な完成度をこの国に求めても無理なので、一応住める

状態には、なったから一安心。

それにしても、まったくヒドいな~~!!

安い買い物じゃないから、主人には、不動産会社に絶対クレームして

もらう様に言ってます。でも、またあやふやにされそう。。。

引っ越しも、もう数日なので、これから残った荷造り頑張りま~す♪
スポンサーサイト

Comment

No title
編集
とっても素敵な旅行だったのに、帰って早々、これじゃイヤになっちゃいますよね!!
お国柄もあるのでしょうが、これから住もうって家にそんないい加減なことされるなんて、本当に信じられません!
怒りのお気持ち、よくよく分かります!!わたしだって爆発しちゃうだろうな~
旦那さまの平和主義な考えにもムカっとくる気持ちも分かります。

早く快適に住みたいですね!
2010年10月14日(Thu) 22:49
No title
編集
えぇ~!!
ヒドい!酷過ぎる!!
安い買い物じゃ無いし、多くの人が頑張って溜めたお金で買う我が家なのに・・・v-359
ダンナ様は良くも悪くも海外に慣れてしまって居るんでしょうねi-181

色んな事が早く落ち着いて、安心出来ますように!
2010年10月14日(Thu) 23:24
No title
編集
そうそう、日本のような完成度は求めてはいけないわ。
何処の国でも日本みたいに完璧を求めてないもの。
で、イギリス労働階級の人のナマリはマジで何言ってるかわかんない(笑)
だから、怒ったら損ですよ。彼らは悪くないもん。
それより、ココまでのびのびになった原因は、例の弁護士。
そして、なんじゃこの不動産会社の態度は!?
この人たち、クレームつけるときは本気で怒りモードでいかないとなめてくるんだ・・・
ええ加減にしなさ~~~い!!
許せんね!!??行って殴りたいくらいだわ(^^;
2010年10月15日(Fri) 01:11
No title
編集
ようやくお引っ越し出来る~って時に...
海外の業者ってほんと信じられないミスを平気で
してくれるんですよね。
入居してからじゃなくて良かったけど、酷い....
お金をもらってるんだから、しっかり仕事しろ!
怒りをぶつけたいけど言葉の壁がもどかしい~~
2010年10月15日(Fri) 01:36
No title
編集
kiwisodaさん!

GOGOe-53
我が家も賃貸ですが似たような経験をしました。とりあえず、と言う感じで解決したのは、入居後約2ヵ月後のことでした。
もー、のっけからのこういうトラブル、やめてほしいですよねっe-260
でもきっと素敵な家に違いない!早くお家の写真が見たいです。
2010年10月15日(Fri) 11:41
なんと!!
編集
イギリスてそんなひどかったかなぁ。
もう、記事読んでいてkiwisodaさんが
かわいそうでv-395怒りをぶつけるところが
ないんですよねv-406

日本と比べちゃいけないってわかっていても
いくらなんでも、そこまでひどいの!!。。てことあるんだよね。
TVでみるイギリスドラマの英語はわかりやすいのに
なして、現場の英語はここまでわかんないのかv-363っつーくらい、私もさっぱりわかりません。
どうか、無事メンテナンスおえて
kiwisodaさん、だーりん、くろちゃんが
気持ちよく引越しできますように。v-258
2010年10月15日(Fri) 15:25
No title
編集
ひ、ひどいですね。
3年前までのバブル時に建った建物はひどいって聞いたことありますけど、この不況下でもちゃんと仕事しないんだ。。
こちらは建築家と工事業者があまりに分業すぎてうまくいっていないみたいです。建築家は工事業者に渡したらもう知らん振りだし、工事業者は分からないところは聞かずに勝手に変えちゃったりするみたいです。以前夫が個人でこちらの家の設計をしたときに、日本人ならではの責任感で工事にも立ち会ったそうです。毎日問題勃発だったみたいですよ。
修理や工事が入るときは絶対に立ち会った方がいいですよー。ごまかされちゃうから。見えないところは特にね!
ともあれ、無事にお引越しが出来ることを祈っています。新築なんていいですねー。
2010年10月15日(Fri) 19:35
No title
編集
さ、さすがイギリスですね~(苦笑)
こちらでは、不動産やは、嫌われ者職業ナンバー1って言われているらしいってのも分かります。せっかくのうきうき気分を害されて怒りたくなるのも分かりますよ~。

引っ越し、無事にすみますように。くろすけくんも早く新しい環境になれますよ~に。
2010年10月15日(Fri) 21:05
グラナーダさん
編集
引っ越しは2週間以上延期され、新居の中は
こんな状態で、すっかり楽しかった旅行も、
ずっと昔の様に感じます。。(泣)

中古の住宅なら、まだしも新築マンションなの
にこんな状態のまま引き渡され、ホントに腹がたちま
した。主人はこの国に16年いますから、こういった
トラブルになっても、自分の身を守る事だけを考えて、
一切客の立場になって対応するなんて、まずしないって事がよくわかってる様です。それにしても、やっと手に入れた家のことなんだから、もっと強気になって欲しかったですょ(怒)

まだ、ベッドルームの窓の修理が残ってます。。



2010年10月16日(Sat) 03:26
Juno☆さん
編集
ホントに、安い買い物じゃないですょー。
恥ずかしい話ですが、日本の両親からも頭金を
協力してもらったし(汗)
だからこそ、主人には戦うくらいの勢いで、
言って欲しかったのに、、、。
でも、これ以上クレームしても、相手はただの
オペレーター、なかなか上の人にはつなげて
もらえず、たらい回しの上、泣き寝入りって
いう、こちらのいつものパターンになりそうです。
一言でも、謝罪してくれれば気分も少しは
違うんだけど。。。
2010年10月16日(Sat) 03:47
anemoneさん
編集
この配管工のお兄さん、例えばアメリカだったら
アラバマ州の様な南部系のなまりっぽかったです。
語尾が上がる~みたいな(笑)
全然、理解出来なかった。。

欠陥箇所を報告した時だって、一言も謝罪なしですよ。
対応したのは、メンテナンス部のオペレーターだし、
マネージャy-クラスは対応しないし、(指名しない主人も悪い)
不動産会社が一番許せないですね。

鍵の修理の人が、白壁に、オレンジの蛍光ペンで
堂々とマーキングしたまま帰りましたが(泣)
でも、修理してくれたので許します。(かなり無理あるけど)
2010年10月16日(Sat) 04:04
mogu07さん
編集
引っ越しを延期していなかったら、鍵がかけられないから外出できないし、
お湯も出ないからお風呂にも入れないし、ホントに困ってましたょ。

海外の建築のレベルってってこんなもんなんです
かね~。
イギリス人って、こんな欠陥だらけの家を掴まされたら
きっと、私達より文句言うクセにね。。
もし私が主人より英語が話せたら、全て主人だよりに
しないんだけどな、、。
2010年10月16日(Sat) 04:18
はるとまんさん
編集
アメリカでも、こういったトラブルってあるんですね。
それにしても、2ヶ月も待たされたなんて。。
うちの場合、まだ引っ越してもいないのに、
こんな欠陥が見つかるとは、手抜き以外の何物
でもないですよね!!

うちも、まだベッドルームの窓の修理が終わって
ないんですー。
窓だからって、後回しにされそう。。
2010年10月16日(Sat) 04:28
meimeiさん
編集
アメリカ英語の発音なら、耳も多少慣れているのですが、
イギリス英語は、未だ聞き取れない事が多いです。
ロンドンは、特にいろんな国の人がいて、なまり
も強いので、理解出来ない事が多々あります。
今は、言いたい事もなかなか言えない状況なので、
この悔しさをバネに、もっと上達しなきゃって思うん
ですけどね。これがなかなか。。。

クレームもみんな下っ端のオペレーターが対応するので、
こっちが苦情しても、報告しますだけで、終わっちゃうんですよ~

早く全てが、落ち着いて安心して暮らしたいですね。
2010年10月16日(Sat) 04:47
YUKAKONNさん
編集
新築でも、作業が雑なので、新築物件と認めた
くない自分がいますが、ここは日本じゃないから
壁の汚れや、塗装漏れなどは目をつぶらなきゃ
いけないでしょうね。

こちらの建築事情なんて、まったく知らなかったので、
とても参考になりました~。
今度から修理などは、ちゃんと側で確認する事にします。

これ以上問題が起こらない様にしたいものです(汗)
2010年10月16日(Sat) 05:12
tsukikumoさん
編集
やっぱり、不動産屋って嫌われものなんですね!!
そう言えば、主人も物件関係では、前の居住者が
踏み倒したガス代を払えとか、むちゃくちゃな事を
言われたりしてヒドい目にあったらしいです。

今のフラットよりは、動けるスペースがあるから
くろすけが、新居を気にってくれたらいいんだけど
な♪
その前に、新居に連れて行くまでが大変だ~(笑)
2010年10月16日(Sat) 05:23
はじめまして
編集
はじめまして。
いつも楽しく読ませてもらっています。
2010年11月10日(Wed) 11:33












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。